acom(アコム)キャッシング

アコムのキャッシング 返済方法は?

キャッシングの返済方法は、各社少しずつ違います。
返済する時に少しでも手数料がかからないように、一番いい返済方法を選んで返済するのが賢いアコムの使い方です。
また、アコムでは多くの人が自分に合った返済方法を選べるよう、多くの返済方法を選択することができます。
返済は長く続きます。ストレスがなく、手数料がかからない一番良い返済方法を選べるよう、当サイトでは返済についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

 

アコムの返済方法の種類

アコムの返済方法としては大きく5種類あります。
多くの返済方法の中から自分に合った返済方法を選べるのは、大手の消費者金融だから。
これだけの方法があれば、近所にアコムの店舗がなかったりキャッシングできるATMがなかったりしても安心ですよね。しかし、返済方法をしっかり把握しておかないと、思わぬ損をしてしまうこともあります。
そこで、このページではそれぞれの返済方法について詳しい内容をご紹介いたします。

インターネットで返済

24時間、パソコン・スマホ・ケータイから銀行振込で返済することができる便利なサービス。
アコムはインターネットからの返済は全て振り込み手数料無料で行っています。

 

ただし、アコムのインターネット返済が可能な金融機関で「インターネットバンキング」の申し込みが必要。
手続きは、アコムと利用金融機関の両方での手続きが必要です。
最初の手続きが多少面倒ですが、手数料無料でATMを探し回らなくてもいいのでオススメです。

 

急ぎで返済したい場合や、ATMが近所にない場合はこの方法が最もスピーディで簡単です。
うっかり返済を忘れそうになっても、スマホからも簡単に返済できますので、銀行をインターネットバンキング対応しておくことをおススメします。
アコムのインターネット返済詳しくはこちら>>

 

提携ATMで返済

キャッシングするには非常に便利で、ついついコンビニATMで返済してしまうんですが、これが結構手数料がかかります。
コンビニATMでの返済が多い人は、多少面倒でもインターネット返済に切り替えたほうが断然オトクです。
とはいえ、やはり手軽で確実なのでつい利用してしまいがちな提携ATM。
コンビニATMはほとんどキャッシングの利用ができるんですが、中には使えないところもあるので気を付けましょう。

 

提携ATMの手数料(借入・返済両方)

1万円以下・・・108円
1万円超・・・216円

 

提携先(2015年3月23日現在)

▽都市銀行・コンビニ・スーパーのATMなど
三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・Enet・ローソンATM・ゼロバンク・イオン銀行・三井住友銀行
▽地方銀行
熊本銀行・親和銀行・第三銀行・東京スター銀行・西日本シティ銀行・八十二銀行・広島銀行・福岡銀行・北海道銀行・北陸銀行
▽その他クレジット会社・信販会社
クレディセゾン

 

店舗窓口・ATMで返済

手数料がかからず、さらに店舗窓口だと返済計画の見直しや相談などもできるので便利です。
ただし、店舗の営業時間がありますのでいつでもOKというわけに行かないのが不便です。
自宅や勤務先の近所にアコムの店舗があり、スムーズに入りやすい方は店舗での返済が確実ですね。
また、今回は相談ナシで返済したいという方も、店舗にATMが設置されていますので、必ずしも窓口で返済する必要はありません。
好きな返済方式で返済できるのが、店舗の最大のメリットですね。

 

口座振替

もちろん、手数料はかかりません。口座もどの銀行口座でもOK。
手続きが多少面倒ですが、自分の口座にお金を入れておくことで引き落とされるので楽ですね。
一番堅実的な方法だと思います。
ただし、うっかり引落しができなかった、なんてこともありますので銀行口座の残高には注意しましょう。
口座振替の場合は毎月6日になりますので、指定期日返済となります。
自分が決めた日で返済したい場合は口座引き落としは利用できません。
返済日は、いつでも変更が可能です。
変更したい場合は、アコムの店頭窓口やむじんくん(自動契約機)、電話で変更してください。
手続きが完了後、次回から返済期日は変更となります。

 

銀行振込

一番手数料がかかる方法です。
特に、アコムはUFJ銀行系列なので、UFJ銀行以外だと一番安くても432円もかかります。

・三菱東京UFJ銀行
振込金額が3万円未満 216円
振込金額が3万円以上 432円
・その他の銀行
振込金額が3万円未満 432円
振込金額が3万円以上 648円

高すぎます!!!
これなら口座振替かもしくは面倒であればコンビニATMまたは店舗ATMに足を運んだほうが安く済みます。
銀行振込はキャッシングの返済としては非現実的です。
緊急の時のみの利用にとどめましょう。

 

このように、返済の方法によって返済額以外にかかる料金は大幅に変わってきます。
返済方法が色々あってとても便利なアコムですが、もし今あなたが手数料のかかる方法で返済をしているのであれば、ぜひ一度見直してみてください。

 

 

アコムのコンビニATMでのキャッシングについて

アコムはコンビニでもキャッシング・返済の両方を行うことができますが、時々利用できない場合があります。
また、コンビニのATMによっては1000円単位のキャッシング・返済ができない場合もあります。
基本的にアコムはどのコンビニでもキャッシングも返済もどちらも可能なのですが、もしこのようなことがあったら以下の点を確認してみましょう。

 

アコムのコンビニキャッシングの注意点

コンビニATMは、メンテナンス時間があるためある一定の時間帯はキャッシングの利用ができません。

セブン銀行ATM・・・23:50~0:10
その他コンビニATM・・・毎週月曜日1:00~5:00

少しの時間ではありますが、利用できない時もあるので気をつけましょう。

 

次に、コンビニATMのキャッシングは、アコムの店舗ATMとは手数料が違います。

1万円以下・・・108円
1万円超・・・216円

これは、キャッシングだけでなく返済の時も同じです。
アコムのカードで利用すると、この手数料がかかるので気をつけましょう。
ちなみに、キャッシングの場合はインターネットでの振り込みキャッシングなどを利用して自分の口座に振り込みを行い、セブン銀行と提携していて手数料が無料の銀行口座であればキャッシングの手数料は0円となります。
回数を重ねるとどうしても手数料がかさんできますので、うまく手数料無料になる方法を考えて上手にキャッシングを利用しましょう。

 

返済金額がコンビニATMの利用限度額を超えている場合

コンビニATMは銀行と違って利用できる金額に上限があります。
返済金額が、コンビニATMの利用上限を超えてしまうと利用することができません。
限度額は、コンビニによって違います。

  • セブン銀行ATM・・・50万円
  • その他のATM・・・20万円

普段の返済はこの金額に引っかかることはないと思いますが、ボーナス時期などまとめて返済したい場合は注意が必要です。

 

コンビニATMでも提携していない場合がある

セブンイレブンの場合はセブン銀行が入っているので必ず提携しているのですが、その他のコンビニの場合、設置しているATMによっては提携していない場合があります。

 

例えばファミリーマートの場合、EnetとBankTime、ゆうちょ銀行の3種類のATMがあります。
BankTime・ゆうちょATMの場合はアコムと提携していないので返済することができません。
今後BankTimeはゆうちょ銀行ATMに変更されていくそうなのですが、どちらにせよ現段階ではアコムはどちらのATM機とも提携していませんので気をつけてくださいね。

 

ATMを使用できない時間帯がある

提携ATMであっても利用できない時間帯があります。

全ATM 月曜 1:00~5:00
セブンイレブン 23:50~0:10
ファミリーマート 3:00~4:00の間で不定期に15分程度
ローソン 3:00~4:00の間で不定期に15分程度

 

基本的にメンテナンス等は深夜に行っているようなので、返済はできるだけ日中に行っておくのが無難ですね。

 

1000円単位で返済できないATM

セブン銀行ATM以外のコンビニATMは、キャッシング同様、返済も1000円単位での返済はできません。
そのため、13,000円返済がしたい場合、セブン銀行以外の場合は2万円振り込む必要があります。
一括返済同様、細かく返済したい場合はコンビニATMには注意してくださいね。

 

 

アコムの返済日について

アコムには、毎月指定期日を返済日にする方法と、35日ごとに返済する方法の2種類から選べます。
最初に契約したときは、ほとんどの場合無利息キャンペーンを利用することになると思いますので、自動的に35日ごと返済を選択しなければならないのですが、後から指定期日に返済する方法に変更することも可能です。
詳しくはこちら>>


 

毎月指定期日に返済する

自分で決めた日に毎月返済する方法です。
これは、給料日にあわせて返済する人にとっては便利ですね。
また、返済中に転職をしたりして給料日が変わってしまったりしたときに変更すると便利です。
毎月返済期日の14日前~当日までに返済をします。

 

返済日よりも早く返済する場合の注意
返済日を忘れないように、早めに返済するのは非常に良いことなんですが、タイミングによっては今月の返済とみなされない場合があります。
毎月指定期日の場合は、返済可能なのは2週間前からです。
15日以上前に返済してしまうと、前月の追加入金扱いとなりますので、指定した期日にもう一度返済しなければなりません。
大きい金額を毎月返済している方は注意してくださいね。

 

35日ごとに返済する

初回は借入れ日の翌日から35日目に返済し、2回目以降は返済日の翌日から35日目・・・という周期で返済していく方法です。
この返済方法のいいところは、返済のペースが自分で作れること。
返済した日の翌日からまた35日になりますので、お金がある時に詰めて返済することも可能ですし、お金がないときはギリギリまで返済しないという方法も可能。
ただし、返済した日を覚えていないとうっかり忘れてしまいがちなので、期日には注意しましょう。

 

返済日を忘れそうならメール通知してもらおう

 

 

 

アコムの返済方法はいつでも変更可能です。
窓口・むじんくん、または電話などて変更が可能です。

 

 

アコムの最低返済額

どの消費者金融でも設定されている、最低返済額(約定返済額)というのがあるのですが、アコムでは3,000円が最低返済額となっています。
しかし、勘違いしている人が多いのですが、最低返済額は借り入れ金額によって変わってきます。
最低返済額3,000円というのは、借入金額が10万円以下の場合であり、それ以上になれば最低返済額は変わってきます。

 

例えばアコムのサイトに表示されている借り入れ金額と返済シュミレーションを見てみると、10万円の場合は最低返済額は3,000円となっていますが、20万円となると6,000円に変わります。
30万円、40万円と借入金額が上がるにつれて、最低返済金額は増えていきます。
最低返済額は、毎月の返済の際にインターネットやATMで表示されているので毎回覚えておく必要はありません。
また、返済を重ねていくにつれ、残額が少なくなってくると最低返済額も変わってきますので、毎回残額は確認しておくようにしましょう。

 

最低返済額だと総額が増える?

毎月の返済がつらい人は最低返済額で長い期間をかけて無理なく返済してくのがいいと思いますが、その分総額は増えてしまうので注意が必要です。
例えば10万円の借入の場合、最低返済額3,000円で返済し続けた場合、返済回数は47回、総額は138,781円となります。
10万円借りたのに、返済総額は4万円近くアップしていますよね。
返済期間が長くなると、その分利息を多く支払うことになりますので総額がアップしてしまいます。
ちなみに、毎月10,000円返済した場合は、返済回数は11回、総額は109,018円となり3,000円返済に比べて総額がおされられています。
最低返済額には、このような落とし穴もありますので気を付けましょう。

 

キャッシングの返済をする際に残高を確認しておこう

キャッシングやカードローンってついつい残高を確認するのを怠ってしまいがちですよね。
お金を借りたり返済したりするときに最も重要なのは、今いくらの借金があるのか、ということをしっかり把握しておくこと。
ここがだらしないと、借りすぎに発展したり、返済日が遅れたりといいことは一切ありません。
現在の借り入れ金額と返済目標は、返済日ごとに毎回しっかりと確認し、現在の借金の金額について自覚をもつようにしましょう。

 

借入残高の確認方法は、返済した際にATMの場合は明細書が発行されると思います。
そちらで借り入れ残高を確認することができます。
インターネット返済の場合は、返済の際に現在の借り入れ残高を確認する項目があると思います。
クリックすると簡単に見られますので確認しておきましょう。
店頭の場合はオペレーターの方や受付の方に聞けばすぐにわかります。
今後の返済計画なども相談してみるといいでしょう。

 

残高の確認は、常にスマホやPC、またATMでも確認することができます。
アコムは残高が1,000円未満となった場合は、無利息残高といって利息・手数料は不要となります。
また、返済期日も設定なしとなりますので、実質支払わなくてもよくなります。

 

 

アコムの返済シュミレーションしてみよう

借りたい金額も利息もすべて理解していても、実際にどのように返済していくかというのは、意外と前もって返済しずらいところがありますよね。
返済のシュミレーションができていないと不安なものです。
そこで、実際にいくらか借りた場合のシュミレーションをしてみましょう。
10万円、20万円、50万円が一番多い金額なので、それぞれの金額の返済シュミレーションをしてみましょう。

 

1年で返済する場合
元金 返済金額 利息 総額
10万円 9,167円 10,011円 110,011円
20万円 18,335円 20,027円 220,027円
50万円 45,839円 50,074円 550,074円

 

3年で返済する場合
元金 返済金額 利息 総額
10万円 3,615円 30,130円 130,130円
20万円 18,076円 60,280円 260,280円
50万円 45,839円 150,721円 650,721円

 

借りた金額を返済する年数によって、毎月いくらずつ返済していくのか、それに対してトータルどれくらいの金額の利息がかかるのか、シュミレーションしてみるとよくわかります。
実際に毎月の金額を減らせばどうしても返済期間も長くなりますし、そうすると利息が高くなってしまうので少しでも早く返済してしまった方がいいですよね。

 

返済シュミレーションは、アコムの公式サイトにあるので、そこで実際に借りている金額や期間を入れて試してみましょう。

 

 

アコムの返済が難しい場合の対処法

返済が難しくなった時、一番やってはいけないのは音信不通になることです。
もし、返済ができなかった場合は必ず電話連絡を入れるようにし、返済が難しいことを伝えましょう。
内容によっては、以下のような対応をしてくれる場合もあります。

 

返済額を減額してもらえる場合も

長い間返済を続けていると、時には返済することができなくなって困ってしまうこともあるでしょう。
本来は、このような場合でもしっかり返済しなければならないのですが、どうしても返済が難しい場合は、その月のみ減額してもらえることもあるようです。
まずは、アコムのコールセンターに電話をして今月の返済が難しい旨を相談してみましょう。
これまでの返済実績によっては、今月の返済額のみ減額してもらえる場合もあります。
最低返済額が支払えない場合、利息だけの返済でもOKにしてもらえたことが過去にありました。
誰でも対応していただけるわけではないようですが、今までしっかりと返済していればこのような対応をしてもらえる場合もありますので、日ごろの返済はしっかり遅れずに頑張りましょう。

 

返済日の延期ができることもあります

また、どうしても返済が間に合わない場合、返済日を延期してもらえる場合もあります。
ただ、こちらは返済額の減額よりも難しいことが多いです。
よほどの理由がない限りは、延期は難しいと思ってください。
また、返済日が延期されたとしても、延期した分の遅延損害金は発生します。
さらに、延期しても次の返済日が伸びることはありません。
翌月の返済日は今まで通りですので注意しましょう。

 

このように、返済が難しい場合、いくつかの対処をしてもらえる場合もあります。
相談する場合は、必ず返済日よりも前に連絡を入れるようにしましょう。
返済日を過ぎてから連絡をしてしまうと、それだけで印象は悪くなります。
悪い印象になってしまうと対応も難しくなってしまいます。
返済が難しいなとわかったら、先延ばしにせずにすぐにコールセンターへ連絡を入れて相談するようにしましょう。

 

 

アコム無利息キャンペーン後の返済について

アコムの返済方法で最もお得なのは何といっても「30日間無利息キャンペーン」です。

このキャンペーンは、アコムで初めて契約した人限定のキャンペーンですが、契約日の翌日から30日間、無利息でお金を借りることができます。
30日以内に返済した場合は返済金額は借りた元金のみということになります。
このアコムの返済方法が最もお得な返済方法ですので、初めて契約する方は必ず利用してくださいね。


無利息キャンペーンが終わったら・・・

さて、次に30日間が過ぎた後はどのような返済方法がお得なのでしょうか?
アコムの返済をお得にするためには手数料がかからない方法で返済することです。
手数料がかからないのは・・・

  • 店頭で返済
  • アコムのATM(提携以外)
  • インターネット返済
  • 口座振替

こちらの4つの方法です。
手数料がかからない返済方法は意外と多いんですよ!

 

しかし、慌てて返済をする場合や口座振替で家族にバレたくない方などはどうしても提携ATMを使いがちですよね。
提携ATMの場合は返済も借り入れも全てに手数料がかかってしまいますので非常にもったいないです。
特に返済の場合は前もって準備しておけば避けられる出費ですので、できるだけ上記の4つの方法で返済をするように計画しましょう。

 

返済日の見直しも

無利息キャンペーンの時は、どうしても35日サイクルを選ぶ必要がありました。
キャンペーン期間が終わった段階で、再度どのような返済サイクルで返済していくかを検討し、必要であれば返済日の変更を行ってもらうのも、スムーズな返済のための一つの方法です。

 

店頭返済なら相談も可能

一括返済や、大きな金額を返済したい場合は店頭返済がおすすめです。
相談もできますし、手数料も無料、そして店舗の方にその後の返済方法や今後の残高の状況、また追加融資などいろいろな相談ができますので、わからないことや相談がある方は店頭窓口での返済がおすすめです。
ただし、土日や夜間は返済できませんので、返済日には注意してくださいね。

忙しい方はネット返済がおすすめ

忙しくてお金を口座に入れておいたり、準備しておくのが面倒という方はインターネット返済がおすすめ。
慌てて返済するときってついついコンビニATMとか使いがちじゃないですか?
それ、すごくもったいないです。
毎回慌てて返済しているという方は、ちょっとだけ最初に手間をかけるだけで毎回の手数料が節約できます。
インターネット返済なら口座を対応させておくだけで、スマホなどから簡単に返済することができますし、手数料も無料。
非常に便利なので、とってもおすすめです。

 

対応口座は、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 楽天銀行

 

楽天銀行は最初からネットバンクなので一番簡単ですが、それ以外の銀行は口座を開設したらネットバンクとして利用できるように手続きをする必要があるので注意してください。
これなら、24時間365日いつでもスマホやパソコンから返済が可能で、手数料も0円。
とっても便利で簡単な方法なのでぜひ活用してくださいね!

 

 

アコムのキャッシング一括返済

アコムは一括返済が可能?

もちろん、一括返済は可能です

残額を確認し、その金額を提携銀行ATMや店舗ATMなどからも返済可能ですし、振り込み返済も可能です。
ただし、ATMによっては細かい端数を入金することができない場合があります。
先に多めに入金をしておいて端数分を返金してもらうか、店舗に直接いって店舗ATMで端数まで返金すればOKです。
ちなみに1000円以下の場合は利息がつくことはありません。そのままにしておいても問題ありませんが、全て完済しないとずっと永久にアコムに借金があるという扱いになってしまいますので、当分利用予定がない場合は面倒でも完済してしまうようにしましょう。

 

 

アコムを完済した方がいい理由

アコムでは、解約はしなくても特に問題はありませんが完済はした方がいいですね。
完済とは、アコムの借入残高が0円になること。1円でも残っていると完済扱いにはなりませんので気を付けましょう。
アコムでは、借入残高が1000円未満の場合は利息や返済期日が決められているわけではありません。
それなら返済しなくてもいいのでは?!と思って返済しきらない方もいると思いますが、実際にこの状況でずっと放置していると支払い義務は発生しませんが、「アコムから借金している」という事実は消えることはありません。
つまり、他社での借り入れがある状態のまま何年も放置するという状況になるんですね。

 

それでも特に困らない方もいると思いますが、今後利用する予定がない、またはほかのローンを組もうと思っている方はできればアコムの残高を0円にしてからにした方がいいと思います。

 

ATMでは硬貨の返済をすることができないので、1000円未満の端数を返済したい場合は店頭窓口かインターネット返済で返済するようにしましょう。そうすれば、残高0円で完済完了ということになります。

 

完済しなくてもデメリットはありませんが、余計なトラブルや審査落ちなどが起きないようにするためには、完済することをお勧めします。

 

 

アコムのキャッシング メリット・デメリット

アコムのキャッシングは、大手消費者金融なので安心です。
しかし、消費者金融はアコムだけではありません。
大手キャッシングといえばプロミスやレイク、アイフルなど色々ありますよね。
そこで、他のキャッシングよりアコムが優れているポイントと、デメリットも合わせてご紹介します。

 

メリット
  • 無利息キャンペーンが利用できる
  • フリーダイヤルは24時間
  • 即日キャッシングが可能
  • クレジットカードも取り扱っている

 

なんといっても、やはり融資スピードが速く、即日キャッシングに対応している点は、大手消費者金融ならではのメリットですね。
さらに、アコムならではのサービスといえば、フリーダイヤルが24時間対応であること。
これはなかなか嬉しいですね。深夜とはいいませんが、意外と21時過ぎくらいに慌ててキャッシングをしようと思ったら使えない・・・なんてこともあったりして、そんな時にフリーダイヤルがつながるというのは非常にありがたいことです。
急ぎの時にも使えますね。

 

そして、もう一つはショッピングなどに利用できるクレジットカードも取り扱っていること。
ACマスターカードと記載されているカードなので、見た目ではアコムのカードとはわからないデザインです。クレジットカードでありながら、キャッシングもできるカードなので、家族にばれたくない、お財布に入れていても気づかれないデザインのキャッシングカードが欲しい方にはオススメです。

 

デメリット
  • 金利が高い
  • 無利息キャンペーンは契約日の翌日から
  • 提携ATMの手数料が高い

アコムだけのデメリットというのは「無利息キャンペーンの期間」のみ。
それ以外は、一般的な消費者金融同様、高金利で手数料が高いところがデメリットです。
アコムの無利息キャンペーンは、契約日の翌日から30日間となっています。
最初のキャッシングの翌日からのところが多い中、アコムだけはキャッシングをしてもしなくても、契約した翌日から無利息キャンペーンは始まりますので、すぐに利用しない場合は損ですね。
とはいえ、キャッシングを利用したい人のほとんどは契約した日から利用したいものなので、それほど気にすることはないかと思います。

 

このように、アコムは基本的には大手消費者金融のキャッシングと同じですが、ほかのところよりも少しだけサービスで優遇されている部分があります。
家族にばれなくない人や、アコムでも通常のクレジットカードとしても利用したいという方にはオススメですが、金利は消費者金融の高金利であることは忘れないように利用しましょう。

 

 

 

アコムのキャッシングカードとクレジットカード

アコムには、キャッシングカードとクレジットカードの二種類が存在します。
一般的に消費者金融の場合、キャッシングカード・ローンカード一枚しかないことが多いですが、アコムにはショッピングでも利用できる「アコムマスターカード」も存在します。

 

キャッシングのみを利用したい方は、アコムキャッシングカードを利用するのが一般的ですが、ショッピングでも利用したいという人はアコムマスターカードを作ることも可能です。

 

しかし、アコムマスターカードのショッピング利用の方ではデメリットがかなり多いといわれています。
このカードは、当然キャッシング機能がついていますので普通のショッピング用のカードに追加してキャッシングにも使用することができます。
しかし、クレジットカードの方はすべてがリボ払い専用となっており、一括払いができません。
しかも、キャッシング利用をしないと限度額をアップすることができないため、ショッピング用のカードなのに、ショッピングにはかなり不向きなカードということになります。

 

ただし、メリットといえばクレジットカードなのに即日発行が可能というところ。
アコムのキャッシングカード同様、むじんくんですぐに発行してもらえるのは嬉しいですね。