低金利のカードローンに借り換える時のポイント

低金利カードローンに借り換えたい!注意するポイントは?

複数社でお金を借りていると、金利がかさんだり、返済日が複数になってわからなくなったりしがち。
そういった場合は、おまとめローンで借り換えをした方が便利です。
低金利のカードローンであるおまとめローンで借り換える際に失敗しないために、借り換える際のポイントをご紹介します。
間違ったおまとめローンで借り換えてしまうと余計金利がかかってしまう場合もありますので注意しましょう。

 

金利は今のところより安いかどうか

金利が今借りているところよりも安いところで借り換えなければ全く意味がありません。
ちなみに、借り換える際は、通常借りるよりも金額は高額になっていますので、必ず借り換えた際の金利を確認するようにしましょう。金利を聞かずにうっかり契約してしまうと、高金利になってしまっていることも少なくありません。
必ず、借り換えた際の金利は直接電話などで確認するようにしましょう。

 

月々の返済額は低すぎませんか?

月々の返済が低くなるのは、おまとめローンの一つのメリットでもありますが、あまりに低いと返済に期間がかかりすぎてしまい、最終的に高い金利を支払うことになってしまいます。
目安は、今支払っている月々の支払い額よりも極端に少なくなっていないかどうか、というところです。
毎月8万であれば、3万などに減ってしまうと下回りすぎです。7万〜8万を目安にして決めるといいでしょう。

 

これらのポイントを抑えていれば、借り換えすることによって金利が安くなり、返済総額が安くなります。
毎月の返済を抑えるというのも、借り換えのメリットではありますが、それ以上に低金利で借りることができ、総額が安く済むことで完済までの期間が短くなることの方が重要です。
頑張って返済している人にとって、返済日は複数無い方が精神的にも楽です。
毎月の返済額を減らすことなくおまとめローンにするのが最も賢いやり方なので、頑張って返済していくようにしましょう。

 

低金利で借り換えるなら銀行がおすすめ


低金利の借り換えなら、総量規制対象外の銀行がおすすめです。
ただし、銀行カードローンは現在のカードローンの返済が滞っていたり、遅延が多かったりすると審査に通りません。
もし、今あなたが複数のカードローンに苦しんでいるのであれば、支払いが難しくなってしまう前に少しでも早めに銀行で借り換えをするべきです。支払いが難しくなってしまうと、借り換えすることも同様に難しくなってしまいますので、なるべく早めに審査を受けて借り換えるようにしましょう。

 

銀行カードローンの場合、消費者金融に比べかなり低金利でお金を借りることができます。
また、信用金庫や信用組合など地域の金融機関であればさらに安くお得に借りることができる場合がありますので、少しでも低金利で借りるためにはなるべく早めに行動するのが重要です。

 

銀行は特におまとめローンに向いています。
その理由としては、低金利であることだけでなく、借入限度額が大きいこと。
通常、消費者金融などのカードローンで借りられないような金額でも、銀行であれば借りられる可能性があります。
大きな金額を借りる時は必ず低金利で借りたほうが良いので、そういった意味でも銀行や信用金庫などはおまとめローンに非常に向いています。

 

もし、銀行以外を考えているのであれば、商品として「おまとめローン」「借り換えローン」などの名前がついている、借り換えに特化したところで借りるようにしましょう。
おまとめローンと名の付いているところは、通常普通のカードローンよりも低金利に設定されていますので、銀行以外であればそのようなところで契約するようにしましょう。