低金利のカードローンに借り換える時のポイント

低金利カードローンに借り換えたい!借り換えならここ!大手金利比較

アコム

複数社でお金を借りていると、金利がかさんだり、返済日が複数になってわからなくなったりしがち。
そういった場合は、おまとめローンで借り換えをした方が便利です。
低金利のカードローンであるおまとめローンで借り換える際に失敗しないためには、当然どのカードローン・キャッシングを選ぶのかが大事!
さらに、借り換える際のポイント3つを完結にわかりやすくご紹介します。

 

間違ったおまとめローンで借り換えてしまうと余計金利がかかってしまう場合もありますので注意しましょう。
また、借り換えや低金利カードローンよりも、じつは他の条件を優遇したほうが返済が安くなるケースも。
あなたのタイプによってどこで借りるのが一番最適化をご紹介していきますよ!

 

 

 

”低金利”のカードローン・キャッシングを見極める方法

アコム

お金を借りるのが初めての人や、これまできちんと金利について考えたことがない人にとっては、
「低金利なら支払い利息が少なくてお得なのはなんとなくわかるけど、実際に金利ってどう比較したらいいの?」
という状態なのではないでしょうか。

 

説明を読んでも専門用語も多いしわかりにくいですよね。
でも、低金利を見分ける方法はとても簡単です。
ポイントは”上限金利”を見ること!

 

金利を比較するなら、”上限金利で比較する

金利って、4%〜18%というように、幅をもって設定されていますよね。
低いほうが”下限金利”高いほうが”上限金利”といいます。

 

上限金利

比較的少額の融資に適用される金利です。
少額と言っても、上限金利や上限金利に近い金利が適用される融資が非常に多いとみていいでしょう。
法律で、以下のように定められています。

 

借入金額が10万円〜100万円未満 借入金額が100万円
上限金利 年18%以下 上限金利 年15%以下

 

これはあくまでも法律で定められた最大限の金利です。
カードローンや消費者金融各社で設定される金利はまたちがいます。
数字はちがいますが、10万円〜100万円未満なら各社の最大金利が適用されると考えてほぼOK。
あなたがもし、数百万円の融資を受けたい、という場合を除き、やはり金利は”上限金利”で比較するべきなのです。

 

下限金利

借入額が高くなった場合に設定される金利。
実際に下限金利が適用されるのは、各社が設定した上限金利(たとえば、アコムで言えば800万円)か、それに近い金額ということです。もちろん、金利は最低金利か上限金利かの二択ではないため、定められた金利の範囲内で増減します。
あなたがもし、借り換えおまとめで数百万円の融資が必要ということなら、下限金利でカードローンを比較してみてもいいでしょう。

 

下限金利が適用されることもあるにはありますが、カードローンやキャッシングを利用したばかりの人は上限金額も低く設定されており、実際はほぼ上限金利が適用されます。

 

上限金利で比較した低金利カードローン・キャッシングランキング

申込者が限られる地方銀行を除き、大手のカードローン・消費者金融で、上限金利で比較したランキングです。
とにかく低金利がいい、それ以外は気にしない、という人は、金利(実質年率、ほぼ同じ意味です)で比較すればOKです。
しかし、それ以外の条件、たとえば”無利息期間があるのか”即日融資に対応しているのか””家族にバレずに借りられるか”など条件は様々。

 

それぞれの項目についても比較していますので、金利以外で選びたい人はじっくり見てみてくださいね。

 

 

 

J.Score(ジェイスコア)
実質年率 0.8%〜12.0%
  • AIによる審査を導入し、審査最短30秒、最短30分審査を実現。
  • 上限金利が12%!限度額は1000万円。高額融資に強い!
  • ただし、金利以外のサービスは弱い。
  • ※おまとめローンは取り扱っていません。
即日融資 WEB完結 書類送付なし
×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× × ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
× × ×

 

 

 

イオン銀行カードローン
実質年率 %〜13.8%
  • 専業主婦でも審査結果によっては最大50万円まで融資が下りることも。
  • イオン銀行の口座をすでに持っていれば即日審査・最短即日融資も可能。
  • おまとめローンに対応しており、低金利!
即日融資 WEB完結 書類送付なし
×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
×
学生は不可

 

 

 

ソニー銀行カードローンMONEYKit
実質年率 2.5%〜13.8%
  • なんと最大300万円まで原則収入証明の提出が不要!
  • 専業主婦・学生・フリーターでも申し込みOK。
  • おまとめ借り換えローンもOK。
即日融資 WEB完結 書類送付なし
×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
×

 

 

 

みずほ銀行カードローン
実質年率 2.0%〜14.0%
  • 下限金利、上限金利ともにバランスのとれた低金利型カードローン。
  • みずほ銀行の口座所持・開設でキャッシュカードで利用できる。
  • それ以外の条件はやや不利?
即日融資 WEB完結 書類送付なし
× ×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× × ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
× × ×

 

 

 

楽天銀行スーパーローン

1.9%〜14.5%

  • バランスの良い低金利型カードローン
  • スマホだけでWEB完結可能
即日融資 WEB完結 書類送付なし
×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× × ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
× ×

 

 

 

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック
実質年率 1.8%〜14.6%
  • 最短翌営業日の融資可能!
  • 銀行系カードローンなのに土日祝日もテレビ窓口による審査可能。
  • バランスのよい低金利!
即日融資 WEB完結 書類送付なし
× ×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
× ×

 

 

 

住信SBIネット銀行 MR.カードローン?
実質年率 0.99%〜14.79%
  • 限度額が余裕の1200万円、しかも最低金利なんと0.99%!
  • 高額の借り入れ希望する人に最適。
  • ただし、金利以外のサービスはやや弱い。
即日融資 WEB完結 書類送付なし
× ×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× × ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
× ×
学生は不可

 

 

 

じぶん銀行カードローン
実質年率 2.3%〜17.4%
  • 下限金利が1.7%低い!
  • auユーザー限定でじぶんローンの優待が受けられる。
  • おまとめローンに対応。
即日融資 WEB完結 書類送付なし
× ×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
× ×
学生は不可

 

 

 

プロミス
実質年率 4.5%〜17.8%
  • はじめての利用ならうれしい30日間無利息
  • フリーター・学生・パートタイムでも申し込みOK!
  • 消費者金融でへめずらしい上限金利17.8%
即日融資 WEB完結 書類送付なし
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
×

(※最短即日融資で借り入れ可能。お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。)

 

 

 

実質年率 3.0%〜18.0%
  • はじめての利用ならうれしい30日間無利息
  • フリーター・学生・パートタイムでも申し込みOK!
  • 即日キャッシングの老舗!気軽に借りたい人におすすめ
即日融資 WEB完結 書類送付なし
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
×

 

 

 

 

3.0%〜18.0%

  • おまとめの借り換えのための”おまとめMAX”がある
  • 無人契約機(契約ルーム)の利用で、家族にバレずに借り入れも可能
即日融資 WEB完結 書類送付なし
×
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
×

 

 

 

 

レイクALSA
実質年率 4.5%〜18.0%
  • 無利息期間が2つから選べる独自のシステム。
  • 5万円以下の借り入れなら、なんと180日間無利息!
  • 金利は高めに設定されている。
即日融資 WEB完結 書類送付なし
収入証明不要 電話連絡なし おまとめローン
× × ×
無利息期間 専業主婦 フリーター・学生
×

 

低金利な重視だと他のサービスが劣ることもあるので要チェック

ランキングはいかがだったでしょうか?
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、低金利重視の銀行系カードローンは、金利以外のサービスには重点をおいていないことがわかります。

 

たとえば……。

  1. 無利息期間がない
  2. 即日融資に対応していない
  3. 書類が家に届いてしまう(家族に内緒で借りられない)
  4. 電話連絡がある
  5. 収入証明の提出が義務付けられている
  6. アルバイトや学生だと申込自体できない

 

とくに、@の無利息期間は要チェックです。

 

無利息サービスならゼロ金利で借りられる!?

アコム

無利息期間は、当然ですが金利はゼロ(無料)
つまり、低金利カードローンより、無利息期間中に限りますが、はるかにオトクということになります。
さらに、無利息期間を実施している”消費者金融”は、低金利の銀行系カードで犠牲になってしまいがちだった金利以外のサービスが非常に充実しています。

 

  • 無利息期間がある
  • 即日融資も可能(最短30分審査)
  • 書類の郵送がストップできる(消費者金融による)
  • 電話による在籍確認を書面に切り替えてくれることもある
  • 50万円未満の限度額なら原則収入証明不要
  • 学生・アルバイト・パートでも安定収入があれば申し込める

 

金利が高めな消費者金融ですが、使い方によっては非常に便利なサービスを提供しているんですね。

 

おすすめ無利息期間がある消費者金融

わたしがおすすめする無利息サービスのある消費者金融は次のアイフルアコムの2社です。

  • おまとめ・借り換えに対応している
  • 即日融資にも対応しており、全国に支店や自動契約機があり利便性が良い
  • 提携しているATMもあり借りやすさ、返済しやすさに定評がある
  • 振込キャッシングにも対応している

 

これらの条件をすべて満たしている消費者金融はじつはそう多くありません。
たとえば、同じくらい有名なモビットはじつは無利息サービスは行っていません。

 

 

低金利カードローンより無利息サービスを重視すべきなのはこんな人

ズバリ、返済期間が短い人、具体的には、半年以内に返済が完了できる見込みの人は、アイフルアコム等の無利息サービス対応のキャッシングのほうが返済額が少なくなります。
目安としては、返済期間が半年程度で終了する見込みの人は、利息は高金利でも無利息サービスのあるキャッシングのほうが総額では安くすることができます。

 

例として、30万円借りて、毎月約5万円ずつ返済した場合の総返済額を確認してみましょう。

 

低金利カードローン 金利14.2%

 

利息 残額
1カ月目 3,550円 251,549円
2カ月目 2,975円 202,343円
3カ月目 2,394円 152,646円
4カ月目 1,806円

102,361円

5カ月目 1,211円 51,481円
6カ月目

609円

0
利息総額 12,545円

 

無利息サービス30日間の消費者金融キャッシング 金利18.0%
利息 残額
1カ月目 0円 250,000円
2カ月目 3,750円 201,478円
3カ月目 3,022円 152,228円
4カ月目 2,283円 102,239円
5カ月目 1,533円 51,500円
6カ月目

772円

0
利息総額 11,360円

 

比較してみるとわかるとおり、なんと金利が高いはずのキャッシングのほうが、利息の総額の支払いが安くなっています。
じつは、30日間、つまり初月分の約まるまる1か月分の利息が無料ということは非常に大きな意味があるからです。
通常、元金の残高がもっとも多い初月が、最も利息が高いことがわかりますね。
つまり、一番利息が高い月分の利息が無料になるんです。

 

初回の返済額5万円が、利息がゼロのため全額元金の返済に充てられることになります。
元金が減ることで、後々の利息も安くなる、というわけですね。

 

おまとめ後の借入限度額が年収の1/3を超えるケースの場合

メリットも多い消費者金融のキャッシングですが、おまとめや借り換えでまとまった額を借りたい場合は注意すべきポイントがあります。
それは、年収の1/3以上は借りられないという点です。
これは”総量規制”というルールで定められていて、どこの消費者金融でも適用されます。

 

借入限度額が年収の1/3を超えてしまう、という人は、銀行系カードローンを利用することになります。
銀行系カードローンはこの総量規制という法の対象外のため、まとまった金額の貸し付けもおこなっています。

 

返済期間が長くなる人は低金利銀行系カードローンを選んで

アコム

まとまった額の融資となる場合や、おまとめローンや借り換えローンの長期返済では、やはり低金利を重視すべきです。
300万円を5年間で返済する場合の支払い利息は以下のようになります。
(※金利は一例です。)

 

低金利銀行系カードローン 金利9%

返済総額 3,824,406円
利息総額 824,406円

 

消費者金融キャッシング 金利12%

返済総額 4,003,968円
利息総額 1,003,968円

 

 

差額 179,562円

 

借り入れと返済を繰り返す場合も低金利を重視して

また、注意したいのが、最初は数か月の短期間で返済を終えるつもりだったけれど、返済しながら新たに借り入れも行う、というようなケースです。
この場合、まとまった額を返済しているつもりでも、新たに借り入れをしていたら金利を掛け合わせる元金がなかなか減っていきません。
そのため、無利息サービスではフォローしきれないほど利息が増えてしまうことがあります。

 

「もしかしたら、なんども借り入れすることになるかも」という予感がある人も、低金利を重視した会社選びが大切です。

 

借り換えやおまとめローンでどうして低金利になるの?

アコム

複数社から借りていて、少しでも利息を安くするために低金利のカードローンをお探しの方は多いですよね。
でも、どうして借り換えしたら低金利になるか知っていますか?

 

高金利キャッシングから低金利カードローンに変えればそのぶん金利が安くなるという単純な理由だけではありません。
借り換えがオトクなのは、複数から少しずつお金を借りるより、同じ金額でも一社から借りたほうがそれだけで金利が下がるからです。

 

3社から総額で150万円借りているケース

A社 50万円(金利18.0%)
B社 50万円(金利18.0%)
C社 50万円(金利18.0%)
ひと月の利息を単純に計算すると、22,192円となります。

 

1社から150万円借りているケース

A社 150万円(15%)
ひと月の利息を単純に計算すると、18,493円となります。

 

なんと、借りている額は同じでも利息だけで3,699円も違ってくるのです。
これがおまとめローン、借り換えローンで金利が低く、利息が安くなる仕組みです。

 

低金利カードローンの審査に通らなくても諦めないで!

低金利のカードローンであればあるほど、どうしても審査は厳しくなる傾向があります。
ランキングでもご紹介したとおり、申し込みの時点でアルバイト(フリーター)の人や学生さんは門前払い、ということも。
そういうときは、消費者金融で借り換えるだけでも金利は全くちがってきます。

 

小さな借金をばらばらに返済するより、たとえ高金利と言われる消費者金融でも、まとめるだけで金利は下がるのです。
100万円以上の借り入れになっている人は、まとめるだけで必ず金利が下がります。
諦めずにおまとめ、借り換えローンに対応している銀行や消費者金融を検討してみましょう。

 

 

おまとめ・借り換えはどこでもできるわけではない

低金利のカードローンとはいえ、借り換えやおまとめローンに対応していない金融機関もたくさんあります。
そもそも、おまとめローンや借り換えローンを検討している人はすでに複数からお金を借りている前提です。
そのためリスクも高い顧客であるとみなす金融機関もあるためです。

 

まずはおまとめローンや借り換えローンのコースを用意している銀行や消費者金融を選んでみてください。
そうすることで、審査に通過しやすくなるといえるでしょう。

 

借り換えやおまとめするときの注意点3つ

金利が現状より低くなるか確認する

当然ですが、金利が今借りているところよりも安いところで借り換えなければ全く意味がありません。
たとえば、銀行系カードローン2社で70万円ずつ借りていて、金利が14%だとします。
2社をまとめて消費者金融等の金利が高いところで借り換えしても、総額の140万円でも適用金利は15%前後となります。

 

必ず借り換えた際の金利を確認するようにしましょう。
金利を聞かずにうっかり契約してしまうと、逆に高金利になってしまっていることも少なくありません。
借り換えた際の金利は、サポートセンターなどに直接電話などで確認することができます。

 

月々の返済額を減らさない

月々の返済が低くなるのは、おまとめローンの一つのメリット。
しかし、利息が減った分、返済額そのものを減らしてしまっては全く意味がありません。
あまりに毎月の返済に期間がかかりすぎてしまうと、最終的には高い金利を支払うことになってしまいます。

 

現状支払っている返済額から大きく下回らないことです。
たとえば返済額が毎月8万であれば、3万などに減ってしまうと下回りすぎです。7万〜8万を目安にして決めるといいでしょう。

 

返済している間はできるだけ新たな借り入れは控える

せっかく借り換えやおまとめローンで金利が下がっても、返済しながら新たな借り入れをしていてはいたずらに返済期間が延びるだけです。
一番いけないのは、ずるずると返済を長引かせる行為。
金利が下がった分、羽振りがよくならないよう、お金の管理をきっちりとして毎月決まった額で生活するクセをつけたいですね!

 

 

これらのポイントを抑えていれば、借り換えすることによって金利が安くなり、返済総額が安くなります。
毎月の返済を抑えるというのも、借り換えのメリットではありますが、それ以上に低金利で借りることができ、総額が安く済むことで完済までの期間が短くなることの方が重要です。

 

頑張って返済している人にとって、返済日は複数無い方が精神的にも楽です。
毎月の返済額を減らすことなくおまとめローンにするのが最も賢いやり方なので、頑張って返済していくようにしましょう。

 

低金利カードローンでおまとめ・借り換え 〜まとめ〜

アコム

低金利なら、銀行系カードローンが圧倒的です。
銀行系カードローンは総量規制の対象外のため、年収の1/3を超えるまとまった限度額でも融資を受けることができます。

 

ただし、銀行カードローンは現在のカードローンの返済が滞っていたり、遅延が多かったりすると審査に通りません。
もし、今あなたが複数のカードローンに苦しんでいるのであれば、支払いが難しくなってしまう前に少しでも早めに銀行で借り換えをするべきです。

 

もちろん、今回ランキングでご紹介した金融機関だけではなく、借り換えやおまとめローンを提供しているところをあたってみるのもいいでしょう。
信用金庫や信用組合など地域の金融機関であればさらに安くお得に借りることができる場合があります。

 

銀行系カードローンは審査に通らなさそう、という人は、ばらばらに消費者金融で借りているよりは、消費者金融で一本化するだけでもまったく金利はちがってきます。
金利を下げる方法は、低金利カードローンで借り換えるだけではなく、とにかく返済をひとつにまとめて適用金利を下げる点に重きを置くことです。

 

いずれにせよ、今がチャンスです!
支払いが難しくなってしまうと、借り換えすることも同様に難しくなってしまいます。
なるべく早めに審査を受けて借り換えるようにしましょう♪