カードローンとは?即日融資可能?審査や金利の基礎知識

カードローンとは?どんなメリットなどがある?

カードローンとは、銀行や協同組織金融機関などによって実施される資金貸付けの一つです。

 

カードローンは、金利が貸金業者の金利と比較すると低めになっているというメリットがあります。

 

貸金業者の上限金利は年利で18%です。

 

しかし、銀行などのカードローンの上限金利はそれよりも低く、15%くらいであるところが多いです。

 

そのため、ローンを考えている場合には、まずは銀行などの提供しているカードローンを検討してみるということは一つといえます。

 

また、銀行のカードローンは、貸金業法の総量規制の対象とはならないため、年収の3分の1を超えるローンの申し込みであっても、審査に通過すると融資してもらえるという特徴もあります。

 

カードローンを提供している金融機関には、カードローンの利用によってATMの時間外手数料や提携先のコンビニでのATMの利用が無料となるなどの優遇サービスなども提供されている場合もあります。

 

カードローンの用途としては、は消費者金融やショッピングリボ払いなどの借り換えなどもあります。

 

ただ、銀行などの金融機関の提供しているカードローンは、審査などに時間がかかったり、審査が厳しめであるということがあり、急いでいるという人や多重債務者などにはあまり向かない面もあります。

 

また、貸金業法の総量規制の対象となっていない場合、過剰な融資につながりかねず、借りた人がカードローン破産をしてしまうというといった点が指摘されています。

 

そのため、カードローンを利用する場合には借りすぎにならないように注意をする必要があり、無理なく返済ができる範囲で融資を受けるということが重要になります。

 

しっかりと返済計画を立ててから利用をしていくということが大きなポイントになるといえます。

 

 

 

カードローンは金利で比較して低金利の会社を選ぶことで利息負担が軽くなる

結婚式に招待されたり、事故で病院に入院しなければいけない、というように、お金が必要な場面はいろいろとあります。

 

しかし手許にお金がないときには、どこかから借りるしか方法がありません。

 

お金を借りるというと銀行に融資してもらうという方法もありますが、それでは使いみちや審査にかかる時間がネックとなります。

 

そこで役立つのが短時間の審査で融資をしてくれるカードローンです。

 

店舗に足を運ばなくてもスマートフォンなどを使って申し込むことが可能です。

 

カードローンは融資が行われるまでの時間が短いだけでなく、使いみちも事業資金としては使えませんがそれ以外は制限されないのであらゆる状況に対応できます。

 

ただ、カードローンは住宅ローンや車のローンなどいわゆる目的別ローンに比べて金利が高いということで、利用をためらう人も少なくありません。

 

そこでまずカードローンを利用するのであれば各社の金利を比較して、一番低金利の会社を選ぶ事が重要です。

 

そうすれば利息負担で苦しむことはなく、生活を維持することができます。

 

カードローンは確かに目的別ローンよりも高く金利が設定されることがありますが、低金利のサービスがないわけではありません。

 

たとえば短期間の利用であれば無利息としているところもあります。

 

すぐに給料日だから、返済ができる目処がついているのであればそういったカードローンを利用すれば利息負担なしで済ませられるのです。

 

ただし、気をつけなければいけないのは、殆どの場合それははじめての利用をするときに限っています。

 

突発的なことでお金がいるのではなく、毎月のように融資をしてもらわなければいけないというときには無利息ではなくなってしまうでしょう。

 

繰り返し利用するときには、単純に金利を比較して一番低金利のところを探すことになるのですが、そんなときに役立つのが比較サイトです。

 

すべての会社をまとめて調べる事ができるだけでなく、銀行系、消費者金融系、信販系と金融機関の種類ごとに調べることも出来ます。

 

利用したい金額や即日融資が可能かどうかといった条件で絞り込んでいけば最適な会社が見つかります。

 

 

カードローンを即日で融資してもらうポイント

カードローンを利用しようと思っている人の中には、なるべく早く融資を受けたいと思っている人は多いものです。

 

このような人がカードローンを選ぶ際のポイントになるものが、即日融資が受けられるというものです。

 

近年では即日融資が受けられる商品も数多く提供されていますが、申し込みをしたからといって必ず即日融資が受けられるわけではありません。

 

利用する前に即日で融資してもらうポイントについてしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

今日中にお金を借りたいというのであれば、基本的に申し込みから融資までのスピードがはやい消費者金融を利用した方がよいと言えるでしょう。

 

大手の消費者金融のカードローンであれば、ほぼ即日で融資が可能となっています。

 

銀行カードローンにも即日で融資してくれるところはありますが、審査などに時間がかかってしまう可能性があるため、このようなことを考えても消費者金融の利用がお勧めです。

 

また急いでいるときには契約機で手続きを行いましょう。

 

契約機は金融機関により呼び名が異なりますが、無人契約機などの様々な名称があります。

 

申し込みやインターネットや電話でもかまいませんが、その後の契約手続きは契約機の利用がお勧めです。

 

インターネットや電話で申し込みから手続きまでのすべてを行おうとすると、どの金融機関であっても時間に制限がかかることになります。

 

契約機であれば遅い時間帯や土日や祝日などにも対応しているところが多いので、その日のうちにカード発行までが完了できる可能性が上がります。

 

カードを発行してもらえばATMから借り入れをすることができます。

 

そして申し込み情報の入力については正確に行いましょう。

 

早く審査に通過したいといって虚偽の情報を記入する人も見られますが、これは余計に審査時間をかけることにもつながります。

 

またわざとではなくてもメールアドレスや電話番号などの連絡先の間違いをしてしまった場合には、即日で利用することは難しくなります。

 

急いでいるからといっても適当に記入するのではなく、しっかりと申込み内容を確認し提出することが大切です。

 

 

カードローンの審査を受ける上で押さえておきたいポイント

これからカードローンの申し込みをしようと考える人にとって一番になるのが審査です。

 

審査を通過しなければ融資を受けることはできず、何とかして通りやすくする方法はないのかと考える人は多いものです。

 

審査の基準については金融機関により異なり、具体的に公表されているものではありません。

 

そのため事前に明確な答えを知ることはできませんが、通過するために重要なポイントを押さえておくことが大切です。

 

その一つ目が信用情報によるものです。

 

信用情報とは過去に利用してきたクレジットカードの利用状況や、他社への返済状況などが記載されているもので、カードローンの審査の際にはほとんどの金融機関が参考にします。

 

金融機関では申込者がしっかり返済してくれる人物であるかどうかを判断するために信用情報機関に照会を行うのです。

 

もしもクレジットカードの支払いを延滞してしまったことがあれば、審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

 

また他社でお金を借りているのかどうかという点も重要なポイントとなります。

 

他社でもお金を借りているような場合には、その分返済に充てられるお金が減ることになるので、審査には通りにくくなります。

 

特に借り入れの総額が年収の3分の1を超えているようであれば、多くの場合審査に通過することは難しいでしょう。

 

申し込みの際には自分で借り入れ状況を申告する必要がありますが、どうしても利用したいからといって内容を偽って申告してしまう人もいるかもしれません。

 

しかし信用情報を参照することによりすべてがばれてしまうため、虚偽の報告はしてはなりません。

 

また住宅の種類や住宅ローンの有無、居住年数などもポイントとなります。

 

居住年数については長ければ長いほど生活が安定していると判断されるので、プラスに働くことでしょう。

 

そのほかにも職業や勤続年数、年収に関しても参考にはされますが、最も重要となることは毎月安定した収入があるかどうかということです。

 

年収が高くても、収入が不安定な場合には審査に落ちてしまう可能性もあることを頭に入れておきましょう。

 

 

カードローンの返済はどうするの?様々な返済方法についての解説

急にお金が必要になったときは、銀行のカードローンを利用すると便利です。

 

消費者金融のキャッシングと比べると銀行は安心感がありますし、金利が低く設定されていたり、その銀行に口座があれば返済もスムーズです。

 

以前は消費者金融だけがキャッシングを行っていて、サラ金などと呼ばれて、高い金利や悪質な取り立てが問題となりました。

 

いまでは一部に悪質な業者も残っているようですが、多くは安心して利用することができるようになりました。

 

しかし、銀行もこの小口融資に積極的に乗り出すようになってからは、あえて不安感のある消費者金融からお金を借りなければならない理由が無くなりました。

 

ただ、銀行の審査は消費者金融に比べると厳しい傾向があり、人によっては審査に落とされてしまうこともあります。

 

その場合は審査が緩い消費者金融に申し込むと良いでしょう。

 

また少額であればクレジットカードからキャッシングを行うという手もあります。

 

カードローンの返済方法は、銀行口座から引き落とすのが楽で便利です。

 

その他にもATMを利用したり、振り込みによって返済する方法もあります。

 

その際の注意点としては、決められた期日までにきちんと返済することや、引き落とし以外を選択する場合は、返済額を間違えないようにすることです。

 

一括で返済する場合でも、金利分が上乗せされています。

 

また余裕があるときは、繰り上げして返済することも可能です。

 

このメリットは残金を少なくすることで、金利分を減らすことができることです。

 

カードローンで重要になるのは金利で、これによって返済総額がかなり変わってきます。

 

金利分は返済期間が長くなるほど多くなってしまうので、できるだけ早く完済してしまったほうがお得なのです。

 

そのため少しでも余裕があるなら、どんどん返していったほうがお得です。

 

カードローンによっては繰り上げができない可能性もあるので、事前によく確認しておくことをおすすめします。

 

 

銀行系カードローンの特徴とは

カードローンは住宅ローンやマイカーローンのような目的別のローンとは違って、銀行やコンビニエンスストアなどに備え付けられているATMからすぐに借り入れができたり、インターネットバンキングの方法で指定の口座に振り込んでもらえたりと、際立って便利な使い方ができるのが特徴です。

 

目的別ローンでは資金の使い道はきびしく制限され、その目的を証明するための契約書の写しなどの提示を求められることさえありますが、カードローンは使い道は原則として自由です。

 

このようなカードローンはさまざまな会社が取り扱っていますが、大きくは銀行系と消費者金融系に分かれています。

 

銀行系の場合には、他と比較したときの金利の水準がきわめて安いことが多いといえます。

 

さすがに預金などの別の業務で大量のお金のやり取りをしているだけのことはあって、利用者サイドから見てもトータルの返済金額が減る分だけ大きなメリットとなります。

 

これと同様の理由で、貸し出しにあたっての上限となる限度額の金額が高額に設定されていることも挙げられます。

 

金利が安くて使い道が自由であれば、できるだけ多くの金額を借りておいたほうが有利です。

 

これも限度額が少なすぎては実現ができませんが、限度額の大きな銀行系であれば可能です。

 

このようにさまざまな特徴を備えているのが銀行系といえますが、もちろんデメリットになってくる部分もないわけではありません。

 

たとえば申し込みをしたあとの審査に時間がかかりがちになることがあります。

 

消費者金融系であれば申し込みをした即日であっても融資可能なところが多いです。

 

ところが銀行系の場合は金額の大きさなどから慎重な審査をしていることが多く、たいていの場合は数営業日以上はかかってしまいます。

 

場合によってはカードが自宅に郵送されてくるまでに数週間もかかるところがありますので、パンフレットなどの説明は事前によく確認しておくのが無難です。

 

 

消費者金融では簡単にカードローンを申請できる

消費者金融では、カードローンとキャッシングという二つのサービスを利用できます。

 

しかし、これら二つのサービスはサービス名が異なるだけで、融資の中身に関しては全く同じサービスとなっています。

 

つまり、少額融資に分類されるサービスとして提供されています。

 

カードローンは、銀行などの大手の金融機関でも提供されているサービスですが、銀行と消費者金融のカードローンには根本的な違いが二つあります。

 

まず、融資の金額に制限が存在するという点です。

 

銀行では、大きな融資もカードローンを利用して実施されています。

 

特に、近年ではサービスの簡略化を目指してカードローンから住宅ローンなどの大型の融資も実施されていることが多く、カードを持っているだけで様々な融資のサービスを受けることができます。

 

一方で、消費者金融のカードローンには明確な融資の上限金額が設けられています。

 

これは、消費者金融の融資には融資の上限額の制限が存在するからです。

 

消費者金融のサービスは、一般の消費者に対して提供されているサービスであるため、消費者に対して負担が大きくなり過ぎないように工夫して提供されています。

 

消費者が安全にサービスを利用できるように上限額に制限を設けて使いやすくしているわけです。

 

そして、こうした制限によって銀行と消費者金融のカードローンには審査の厳格さに関しても大きな違いが生まれています。

 

具体的に述べると、銀行の融資と比較して消費者金融の融資は甘くなっているのです。

 

これは、特定の消費者金融に限定されているわけではなく全国の金融業者に共通していることです。

 

消費者に対する融資の上限額が法律によってきめられていますので、業者の方から厳しい基準を設けなくても安心して利用できるようになっているのです。

 

反対に、銀行にはこうした規定が存在しないため、銀行が融資の厳格な判断基準を設けなくてはいけません。

 

そのため、同じカードローンでも借りやすいものと借りにくいものがあるのです。