即日融資が可能なキャッシング・カードローンは?

即日融資が可能なキャッシング・カードローンは?

即日融資を行っているキャッシング・カードローンは色々あります。
それぞれ特徴があり、自分が借りたい金額によってどこのキャッシングを選ぶか決めるのが一般的。
どのようなキャッシング・カードローンが即日融資を行っているか一覧にまとめてみました。

 

種類 会社名 金利 審査可能時間
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0〜14.5% 9時〜21時
銀行 新生銀行カードローン レイク 4.5〜18.0% 8時10分〜21時50分
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 4.6〜14.6%

平日9時〜21時

土日祝9時〜17時

消費者金融 プロミス 4.5〜17.8% 9時〜20時
消費者金融 アイフル 4.5〜18.0% 9時〜21時
消費者金融 アコム 4.7〜18.0% 9時〜21時
消費者金融 モビット 3.0〜18.0% 9時〜21時
消費者金融 ノーローン 4.9〜18.0% 9時〜20時30分
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0〜16.8% 平日14時30分まで

即日融資は圧倒的に消費者金融が多い

こうしてみていただくと、即日融資に強いのは消費者金融。
審査可能時間もほとんどが朝から21時まで行っています。
その代わり、銀行に比べて金利が高くなっています。

 

銀行キャッシング・カードローンの特徴

金利が安く、即日融資が可能な銀行キャッシング。
そのメリットとデメリットを確認してみましょう。

 

メリット
  • 金利が安い
  • 夜間の即日融資にも対応

三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、上限金利が消費者金融よりも4%近く安いです。
さらに三井住友銀行カードローンは夜21時までと夜間の即日融資にも対応しています。

 

デメリット

三井住友銀行カードローンの場合

  • キャッシングはATMかインターネットバンキングのみ
  • 返済はATMか振込のみ
  • 三井住友銀行の口座がないとインターネットバンキングが利用できない
  • 口座振替は三井住友銀行口座のみ

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの場合

  • キャッシングは借入れ・返済ともにATMのみ
  • インターネットバンキング対応なし
  • 口座振替は三菱東京UFJ銀行口座のみ

 

銀行のキャッシング・カードローンは、とにかくお得にキャッシングをしたい人に向いています。
返済方法や借入れ方法が消費者金融に比べるとかなり限られてしまいますが、それぞれの銀行口座をすでに持っているのであれば、即日融資でキャッシングも可能ですし、返済方法も特に困ることはないと思います。

 

消費者金融キャッシング・カードローンの特徴

銀行よりも金利が高いですが、無利息キャンペーンがある消費者金融のキャッシング。
そのメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット
  • 借入れ・返済方法は多種多様
  • ほとんどが夜間も対応
  • 無利息キャンペーンが人気
  • 夜間や休日でも振込みで借入れが可能

 

デメリット
  • 金利が高い
  • イメージがあまりよくない

 

消費者金融の即日融資キャッシング・カードローンは、様々な借入れ・返済方法が選択できます。
特にインターネットバンキングを利用したキャッシングは、土日祝・夜間と24時間365日扱っているところもあります。
口座を選ばず、現在持っている口座からの自動引落としや振込キャッシングにもほとんど対応しています(手数料がかかります)。
また、銀行キャッシングにはない、「無利息キャンペーン」を行っているので、一定の期間は無利息で借りることができてお得です。

 

即日融資でキャッシングをするなら銀行?消費者金融?

こうしてみるとどちらがいいか迷ってしまいますよね。
どうしてもお得に借りたい人は銀行キャッシングがいいと思いますが、「即日融資」の面で言うと消費者金融の方が圧倒的に便利です。

 

それぞれの銀行口座を持っており、さらにそれらをすでにインターネットバンキングに対応させているのであれば銀行キャッシングでもすぐにキャッシングをすることができると思いますが、その口座を持っていない場合は口座を作るところからはじめる必要がありますよね。

 

消費者金融なら、どの口座にも対応しており、また自宅で全て完結してしまうインターネット契約なら出向く手間も省けます。
スピードと便利さで言うなら消費者金融のキャッシング・カードローンが即日融資には向いていると思います。