カードローンとフリーローンの違いについて

カードローンとフリーローンの違いについて

カードローンとフリーローンには決定的な違いがあります。
それぞれの特徴を見てみましょう。

 

カードローン

・契約時の限度額の範囲内で、何度でも借りることができる。
・返済を続けている限り、何度でも利用限度額内で自由にお金を借りることができる。
・フリーローンより金利が高い

 

フリーローン

・返済のみで、新たに借入れすることはできない。
・30万円のフリーローンの場合、最初に一括で30万円受け取って後は返済のみ。
・30万円中20万円返済して、残額が10万円になっても、返済した20万円を追加で借りることはできない。
・カードローンより金利が安い

 

こうしてみていただくと分かるように、カードローンとフリーローンの違いは、何度でもお金が借りられるかどうか、というところです。
それを踏まえたうえで、それぞれのメリットとデメリットについて検証したいと思います。

 

カードローンとフリーローンのメリット・デメリット

カードローンは、一度契約すれば何度でも限度額内で借りることができるので圧倒的にフリーローンに比べて自由度が違います。
30万円借りて、30万円利用するもよし、1万円ずつ生活費に当てるもよし。
限度額内であれば、どれだけの金額をどのように使ってもいいわけです。
しかし、一番の問題はなかなか返済できないこと。
返済すればその分だけ借りられる金額が増えますので、またその金額を借りることになりますよね。
そうなると、どうしても何度も借りては返すの繰り返しになり、1年たってもまったく返済できていない、ということになる場合があります。

 

その点、フリーローンは一度借りたら全て返済しきるまで追加で借りることができません。
不便ではありますが、30万円借りたら30万円を返しきるまで借りることはありませんので、毎月1万円ずつでも返済すればいつかは完済できます。
お金の使い方に自信がない方や、毎月お金のピンチが1回は訪れる・・・という方は、カードローンよりフリーローンの方が向いているかもしれませんね。

 

カードローンとフリーローン、どっちが金利が安いの?

カードローンとフリーローン、とひとくくりに言っても、色々な会社があり、それなりに金利は差があります。
カードローンの場合は、銀行カードローン、消費者金融カードローン、信販系とそれぞれ全て金利が大きく違います。

 

たくさんあるカードローン・フリーローンの中で、消費者金融系のカードローンは、全カードローン・フリーローンあわせても金利は最高峰といえるでしょう。
クレジットカードのキャッシングはさらに金利が高いところもありますが、概ね消費者金融のカードローンの場合は15%前後。
すぐにお金を借りることができて、何度でも自由に使うことができる代わりに金利は非常に高いです。

 

逆にフリーローンは、一度借りたら返済するまで借りることができないというデメリットから、金利は低く設定されています。
仮に同じ銀行や金融機関で比べた場合、カードローンとフリーローンなら、フリーローンの方が金利は低く設定されているはずです。

 

カードローンは、短期間で少ない金額を借りるのに適しています。
逆に、フリーローンは大きな金額を時間をかけて返済するのに適しているので、使用用途がすでに決まっている方は、フリーローンで借りた方が後々お得に感じることになるかもしれないですね。