カードローンのデメリット

カードローンのデメリット

カードローンはとても便利です。
急にお金に困ったとき、カードローンがあることでピンチを回避できることは多々ありますよね。

 

しかし、カードローンにはやはりそれなりのデメリットも付きまといます。
カードローンの怖いところやデメリットをきちんと理解しておくことで、今よりももっとカードローンを利用しやすくなると思います。

 

返済に時間がかかる

急にお金に困ったので、即日融資のカードローンを契約しました。
初回は30日間無利息で、すぐに返済。
元金のみの返済で済んだので、とてもお得で便利に感じますよね。

 

しかし、怖いのはその時に返済しても、カードは残るということ。
契約したときの限度額分はいつでも使えるし、簡単にキャッシングも可能です。
ついつい、いつも以上にピンチのレベルが下がってしまって・・・
気がついたら限度額いっぱいに。

 

利用限度額の範囲なら、自由にお金を引き出せるのがカードローンの便利なところです。
しかしながら、これはデメリットにもなり得るということをしっかりと理解しておくことが重要です。

 

借りる金額が大きくなればなるほど、返済する利息は多くなります。
カードローンは利息さえ入金すれば、延滞扱いにはなりません。
そのような感じで、毎月利息を払い続け、元金が一向に減らない・・・。
これが最も怖い、カードローンのデメリットなんです。

 

返済計画をしっかりと、という言葉がカードローンではよく耳にしますよね。
借りたら借りた分だけ返す。
返すまで使わない。
自分なりのルールをしっかりと作って、上手にカードローンと付き合ってください。

 

カードローンの金利について

カードローンは、即日融資にも対応していてとても便利です。
すぐに借りられるし、担保や保証人も不要。
収入があって、本人確認書類があればすぐにお金を貸してくれます。
すごく便利なんです

 

たとえば宅配便や郵便などでも、速達は別料金がかかりますよね。
スピードを取る代わりに、値段が少し上乗せされる。
カードローンの即日融資は特に、金利が他よりも高めに設定されているんです。

 

個人向けのカードローンは、おおよそ100万円が限度額になります。
カードローンで100万円程度の金額を利用する場合、ほとんどが10%台の金利が適用されます。
これを長期間返済し続けるというのは、かなり高額な利息になるんです。

 

ホームページでは、金利の計算ができるシュミレーションがありますので、借りる前に、借りる金額と返済する期間を入力して利息をまず確認してみてください。
想像以上に大きな金額になるのではないでしょうか。
返済期間を減らせばおのずと支払う金利も減ると思います。
つまり、即日融資のカードローンは、少ない金額を短期間で返済することがメリットになるわけです。

 

これから契約しようと思っている方は、とにかくホームページで利息の計算をしてみてください。
それを確認した上で、しっかりとした返済計画を立てることが、カードローンを上手に使いこなすコツになります。