即日融資は最短1時間でキャッシング!

即日融資は最短1時間でキャッシング!

即日融資はすぐにお金が必要な方のために、最短1時間の審査でキャッシングが可能!
今日中に借りたい、明日にはお金が必要、という方の力強い味方です。
当サイトでは、これから即日融資をしようと思っている方のために「即日融資の流れ」「即日融資の審査」についてまとめました。
ぜひ参考にしていただいて、最短1時間で即日融資を目指してください!

 

即日融資のメリットデメリット

即日融資最大のメリットは、申込みをしたその日にお金を借りることができるところ。審査は約1時間程度、トータルでも申込みから約2時間あればお金を借りることができます。
また、土日祝や夜間でも申込みができるところもあります。

 

即日融資のデメリットは、借りられる金額が低く、金利が高いことです。
審査時間を短縮することで、あまり大きな金額を貸してくれることは少なく、さらに銀行などの金利に比べると高めに設定されているため長期借入には向いていません。
また、即日融資と言われていても必ずしも申し込んだその日に借りられるわけではない場合もあります。

 

キャッシング即日融資のメリット・デメリットについて詳しく知りたい!>>

 

即日融資は消費者金融がオススメ

即日融資は以前は銀行も行っていましたが、今は消費者金融が主流となっています。
他の金融機関でも即日融資を行っているところもありますが、その日のうちにお金を借りたい場合は消費者金融が最も可能性が高いと思います。

消費者金融のメリット

消費者金融だけのサービスで「金利0円」のキャンペーンがあることです。
このキャンペーンは、初めて消費者金融で契約する方のためのキャンペーンで、一定の期間(1ヶ月が多い)は利息が一切かからないという素晴らしいサービス。
30日以内に全額返済すれば、金利は一切かからないという夢のようなキャンペーンです。
このキャンペーンは、多くの消費者金融で行われています。

消費者金融のデメリット

無利息期間はあるとはいえ、やはり銀行などに比べるとどうしても金利が高くなってしまうこと。
消費者金融の金利は、現在法律で定められている上限の金利が設定されているため、これ以上高いキャッシングはありません。
また、消費者金融は総量規制の対象のため、自身に収入がない方は利用することができません。

 

低金利のカードローンに借り換えたい!>>

 

銀行カードローンは即日融資不可に

銀行カードローンは、ついこの間まで即日融資が可能でした。
銀行カードローンが即日融資を行うということは、銀行の低金利でその日のうちにお金を借りられるため、消費者金融よりもずっと借りやすくなるであろうと思っていたところでしたが、2018年に不可となってしまいました。

 

なぜ銀行カードローンの即日融資が不可になったかというと、銀行カードローンの審査の規定が変更されたため。
銀行のみに適用される審査項目として、「警察庁のデータベースで必ず情報を照会する」という項目が追加されました。
そのため、実質即日融資は不可能となってしまった、ということです。

 

即日融資に必要な書類

即日融資の審査を受けるために必要な書類は、借りたい金額によって多少異なります。

限度額50万円以下の場合

本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証

顔写真付きの本人確認書類の場合はそれだけOKですが、保険証などの顔写真がない確認書類の場合は、その他に住民票などが必要な場合もあります。

限度額50万円以上の場合

本人確認書類に追加して収入証明書が必要
・直近2か月分の給与明細
・源泉徴収票

この書類を提出したから50万円以上借りられるというわけではなく、あくまでも最初に金額を申請する際に50万円を超える場合は持参しておいた方が無難です。

 

書類は基本的に本人確認書類のみでOKです。

即日融資の審査とは

即日融資でその日のうちにお金を借りることができるかどうかのポイントは、審査にいかにスムーズに通過することができるかということです。即日融資の審査のポイントについてまとめましたので、これから申込みをしようと思っている方は、まず自分が審査に通過できるかどうかをチェックしてみてください。

 

審査をスムーズにクリアするポイント

審査は信用情報を照会することで行われるのですが、それ以外にも申し込み書に記載された内容によっても審査内容は変わります。少しでもスムーズに通過するために、以下の内容をチェックしてみましょう。

 

借入希望額はできるだけ少なめに

余分な金額を含まず、必要最低限の金額を記入しましょう。

 

他社借入額は正確に

審査に通過したいからといって嘘を書いてもバレてしまいます。
金額をチェックしているのではなく、正直に記載しているかどうかを見ています。

 

収入証明書があれば準備しておく

金額によっては収入証明が必要な場合も。簡単に準備できるのであれば持っておきましょう。

 

自宅電話があれば記載を

連絡先は多い方がいいです。特に自宅電話は信頼度が高いので、持っている場合は記載しておきましょう。

 

審査に通らない人の特徴

あらかじめ審査に通過しにくい人の特徴をリストアップしておきます。
自分があってはまっていないかチェックしてください。

 

無職の方

専業主婦や学生のように自身に収入がない方は、消費者金融では契約することができません。

 

他社の借入が年収の3分の1を超えている方

総量規制により、他社の借入が複数ある方は契約することができません。

 

過去に信用情報に傷がある方

過去に自己破産したことがある方や、返済などが遅れている方は契約することができません。

 

このような情報については、信用情報を自身取り寄せて確認することも可能です。
もし、身に覚えがない内容で審査に通らなかったら、一度信用情報を確認してみることをオススメします。

 

無審査で借りられる?

「審査ナシ」「無審査で即日融資」などのキャッチコピーを見ることがあると思いますが消費者金融などの即日融資で審査ナシで借りられるところはありません。
そのような金融は、ほとんどが「闇金」「違法金融」なので引っかからないように気を付けましょう。

 

土日祝や夜間に即日融資をするには

消費者金融のメリットのひとつに土日祝や夜間でも借入できるというメリットがあります。
土日祝でも、平日の審査時間と全く同じ時間帯で申し込みができるので非常に便利です。
しかし、いつでもOKなわけではありません。当日借入のためのタイムリミットはあります。

申込みは20時まで

申込みはインターネットからが最短です。
出先であればスマホからも可能ですので、20時までには申し込んでおきましょう。

 

審査は21時まで

ほとんどの消費者金融が審査は21時まで行われています。
申込みを20時までに行えば、ぎりぎり21時の審査に間に合います。
21時を過ぎてしまうと翌日扱いとなってしまいますが、翌日は朝いちばんで審査を行ってもらえます。

 

即日融資まとめ

即日融資は、今日中にお金を借りたい方にとっては最強の味方です。
特に、以下のような方はほとんどの場合が審査に通ると思います。

  • 消費者金融でのキャッシングが初めての方
  • 過去利用した経験があり、現在は完済している方
  • アルバイトやパートでも自身に収入がある方

過去に借入経験があり、すでに現在完済している方は特にキャッシングの審査では信用が高いと思います。
急ぎで借りたい方で、友人や家族に借りにくいという方はぜひ一度利用してみてください。
思っているよりもスムーズで安全にキャッシングができると思います。

 

即日融資が可能なキャッシングランキングはこちら>>