キャッシング即日融資。カードローン低金利の一番良いところは?

キャッシング即日融資で安心して借りれるには?

キャッシングが必要な時のほとんどは「その日または翌日に必要」という場合ですよね。
即日融資できるキャッシング会社は色々ありますが、当サイトでは初めてでも安心して借りることができるキャッシング会社をご紹介いたします。

即日キャッシングは消費者金融が便利

消費者金融とは、「アコム」や「アイフル」のような、特に個人を対象に無担保でお金を貸してくれる金融業者のこと。
銀行でもキャッシングは可能ですが、審査やカード発行に時間がかかってしまいます。
消費者金融の場合は、審査も30分程度で終わりますしカード発行もすぐに行って貰えるのですぐにお金が必要な場合はとても便利です。


 

即日融資可能で低金利のキャッシングはここ!

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 パート、アルバイトでも融資が可能!

24時間、インターネットでの申し込みが可能で、3秒あれば融資が可能か診断することができます!安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣でも申し込み可能なので助かります。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で審査が可能!

お急ぎ審査で即日融資を実現!インターネットから申込み後、フリーダイヤルに電話することで審査にかかる時間が短縮されます。振込み予約やカードでの融資とその場の状況に合わせた即日融資方法が選べます。
※受け付け時間によっては振込みがよく営業日となる場合があります。
【特徴】
・女性専用の申込みフリーダイヤルもあります
・1秒診断で事前に自己診断が可能。
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.aiful.co.jp/

 

>>その他ランキングはこちら

 

即日融資ならクレジットカードのキャッシング機能で、というのもあります

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 海外でも利用できて年会費無料!

 

急な海外出張ですぐにクレジットカードが欲しい方にピッタリ。クレジット機能付きなのに最短即日、スピード発行が可能!もちろん、キャッシングとしてもご利用可能です。
【特徴】
・クレジット機能がついているのに即日カード発行が可能
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・1回払いを選択しても、リボ払いでの支払いが可能。

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

 

楽天カードはクレジット機能とキャッシングの両方使える万能カード!しかも約1週間でカードが届いてスピーディ!
インターネットでのお買い物をすることが多い方には特にお勧めです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まってお得!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

 

 

キャッシングができる会社はどんな種類があるの?

キャッシングには、色々な種類があります。

・銀行キャッシング
三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなど銀行が貸してくれるキャッシング
・銀行系キャッシング(消費者金融)
プロミスやアコムなど、銀行が出資している消費者金融キャッシング
・独立系キャッシング(消費者金融)
アイフルのような、独立した消費者金融キャッシング
・信販会社系キャッシング
ジャックス、アプラスファイナンシャルなどの「クレジットカード」として認識されているキャッシング

銀行と銀行系には大きな違いがありますが、銀行系と独立系は同じ消費者金融として扱われるので大きな違いはありません。ただし、独立系の消費者金融の大手は今のところアイフルぐらいしかありませんので、独立系で探す場合は注意してください。

 

特徴としては、銀行は金利が安く、審査が厳しい。消費者金融は金利が高いが簡単にすぐに借りられる。
そうなると、銀行か消費者金融で迷うところではありますが、実際に急ぎでキャッシングをしたい場合、銀行に審査をお願いしている時間なんてありませんよね。

 

急ぎの場合を考えると、実際は消費者金融と信販系のどちらにするか?という選択が多いと思います。
信販系は、お持ちのクレジットカードにキャッシング機能をつけて使用するのが一番簡単かと思います。

 

しかし、この中で一番早いのはやはり消費者金融です。
消費者金融の場合は、融資スピードをウリとしているので、当日即日融資も可能。
また、無利息キャンペーンなどもありますので、クレジットカードのキャッシングを使うよりもお得でスピーディな場合が多いです。

 

どのキャッシングを選ぶのがいいのかは、個人の使い道と金額などによって変わってきます。
詳しくは「キャッシング会社を選ぶ基準は?」をご覧ください。

 

それぞれのキャッシングを金利で比較してみました

キャッシングを選ぶときのポイントのひとつに金利があります。
まずは金利で比較し、それ以外のサービスはそれぞれ自分にあった環境や返済計画にあった会社を選ぶのがいいでしょう。

 

まずは金利でそれぞれの種類のキャッシングを比較してみました。
金利を比較する際は、上限金利を見て比較します。

種類 会社名 上限金利 下限金利
銀行 みずほ銀行カードローン 14.0% 4.0%
銀行 楽天銀行カードローン 14.5% 4.9%
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 4.6%
消費者金融 プロミス 17.8% 4.5%
消費者金融 アイフル 18.0% 4.5%
消費者金融 アコム 18.0% 4.7%
信販系 JCBカード 18.0% 15.0%
信販系 三井住友VISAカード 18.0% 15.0%

 

上限金利というのは、名前のとおり「一番高く設定できる金利」のことです。
キャッシングの場合、ほとんどがこの上限金利いっぱいの金利で借りることになると思います。
金利は、借りている金額と反比例します。
金額が大きければそれだけ金利は安くなり、借りている金額が少ないほど金利が高くなります。

 

この表を見ていただくとわかると思いますが、実はキャッシングに限っては一番金利が高いのは「クレジットカードについているキャッシング」なんです。

 

消費者金融、特に銀行系の消費者金融は銀行の次に安い金利で借りることができるんですね。

 

「消費者金融は金利が高くて怖いところ」というイメージがありますが、こうして比べてみると即日融資も可能な消費者金融はうまく使えばとても便利なものであることがわかると思います。

 

金利が高いのに消費者金融が人気の理由

上の表を見ていただいても分かると思いますが、消費者金融は銀行に比べてると金利がかなり高いです。
それでも消費者金融のキャッシングが人気の理由は、そのスピードにあります。

 

「即日融資」というのは、ほんとんどの場合消費者金融のキャッシングやカードローンです。
通常、銀行や信販会社は即日では契約することは難しいです。
大抵、2〜3週間はかかってしまいます。
しかし、消費者金融はその日に契約してその日にお金を借りることができます。
即日融資が可能なのは、ほとんどが消費者金融のキャッシングなんです。

 

誰しもよくあることだと思いますが、急に3万円必要になった、なんて時に2〜3週間もかかっていたのでは今のピンチを回避することはできません。
急にお金が必要な人にとって重要なのは、金利でもサービスでもなく、「今日借りられるかどうか」なんですね。

 

消費者金融は金利が高いですが、スピードは他とは比べ物にならないくらい圧倒的に早いです。
また、契約後の融資もさまざまなパターンがあり、土日祝でも、夜中でもキャッシングが可能なところもあります。
実は生活にすごく密着したキャッシング・カードローンなんです。

 

キャッシングで即日融資を実現するポイント

即日融資を実現するためにはいくつか押さえておく必要があるポイントがあります。

・本審査が可能な時間に申し込みをする
・営業時間内に契約を完了する
・公式サイトで自己診断する

即日融資といっても、24時間審査してくれているわけではありません。
もちろん、「営業時間」があります。
即日融資のキャッシングを可能にしているのは、この営業時間が22時頃までやっているから。
仕事が終わった後の夜でも、契約することができるんですね。

 

ただし、営業時間と審査時間が違うところもあります。
22時まで営業しているからといって、審査を22時まで行っているわけではありません。
概ね21時までのところが多いので、審査にかかる時間を1時間と考えると、最低でも19時くらいまでには申し込みを完了しておく必要があります。
審査時間を無駄にしないために、公式サイトで自己診断ができる場合は前もって自分で診断してみましょう。
これも、即日融資を可能にするための重要なポイントです。

 

キャッシングは基本的にカードを使ってATMからお金を引き出します。
即日融資の場合、特にインターネットで完結してしまうタイプの申し込み方法だと、カードは手元にすぐには届きませんよね。

 

インターネットで完結するタイプの契約の場合は、インターネット上からの振込のみ深夜でも対応している場合がありますので、ネットバンクを利用することをオススメします。
それ以外に自分の口座に振り込んでもらうタイプの場合は、銀行の営業時間までしか対応していないところがほとんどなので、契約は午前中に済ませるようにした方が無難です。
もし、ネットバンクを持っていない場合は無人契約機で契約と同時にカードを受け取るのが一番早いですね。
無人契約機のすぐ隣にATMがありますので、カードを受け取ったその場でお金を引き出すことができますので、即日融資をどうしても実現したい人は無人契約機に向かうのが一番確実な方法だと思います。

 

結局、即日融資・低金利で一番良いところは?

金利を比較してみると、一目瞭然で「銀行」と思うのですが、銀行最大のデメリットはすぐに借りられないところ。
審査も厳しく、カードが送られてきてお金を借りることができるようになるまで最低でも2〜3週間かかってしまいます。

 

かといって、クレジットカードのキャッシングはとにかく金利が高い。
簡単だけど、長期的に利用するにはデメリットが大きすぎますよね。クレジットカードにキャッシングをつけるのも、すぐにはできない場合が多いです。

 

となると、やはり消費者金融のキャッシングが一番いいということになりますが、消費者金融を選びにくいのはその言葉のイメージですよね。

 

消費者金融は即日融資も可能で低金利、そして何よりそのサービスは銀行や信販会社に比べてはるかに便利なんです。

 

特に消費者金融が今力を入れている「無利息キャンペーン」は、借りてから一定の期間(特に30日間が多い)で返済すれば利息が0円ですむというキャンペーン。
すぐに返済できる金額なら、消費者金融の無利息キャンペーンを利用するのが一番お得で賢いキャッシングだと思います。

 

キャッシングで一番いいところを選ぶポイント〜自分の口座を確認する〜

金利が安くて即日融資はいいキャッシングを選ぶための最低限のポイントですが、最近では即日融資はほぼ当たり前、金利も同じ消費者金融は多いですよね。

 

同じ条件の消費者金融が何社もある場合はどこをポイントに選べばいいか。
そのポイントのひとつに、自分の持っている口座が利用できるかどうかも重要です。

 

自分の口座が使えると、どんなメリットがあるのでしょうか。

  • ネットバンクがあると24時間いつでも借り入れできる
  • 即日融資で振込みを選んだときに銀行の時間を気にしなくていい
  • 口座振替を使うと手数料が安い
  • ネットバンクがあると、自宅からも簡単に返済できる
  • ネットバンクだと、手数料が安い・無料の場合がある

 

自分の口座が提携していれば、さらにそれがネットバンクなら、こんなにお得なことがあるんですね。
即日融資の場合、特にネットバンクがあると即日融資の可能性がぐっとアップするので、便利ですよね。

 

それぞれの消費者金融で手数料が無料になる銀行口座を一覧にしてみました。

  ATM 口座振替 振込での融資
プロミス 三井住友銀行ATM 三井住友銀行

ジャパンネット銀行

三井住友銀行

ジャパンネット銀行

アコム

ネットバンクは借入れ・返済すべて無料

楽天銀行なら24時間受付可能

アイフル アイフルATMのみ 全口座手数料無料 すべて手数料負担
レイク

・提携コンビニ(セブン銀行ATM・Enet・ローソンATM)のマークのあるATM
・新生銀行

全口座手数料無料 ネットバンク全て

 

私が一番よく利用するのはコンビニATMなのですが、コンビニATMが無料なのはレイクだけ。
意外と借入れ・返済ともにコンビニATMを利用してしまいがちなのですが、手数料が結構かかるので気をつけてください。

 

また、アコムはアコムのATM以外のATMは全て有料。その代わり、ネットバンクは全て無料。
ネットバンクを持っている人はアコムがお得ですね。

 

即日融資ができた後は、返済が待っています。
少しでも簡単に手数料がかからないように返済することも、重要な返済計画のひとつです。

 

キャッシングで一番いいところを選ぶポイント〜無利息キャンペーンの利用〜

無利息キャンペーンは、消費者金融しかないイチオシのサービス。
このサービスは、一定の期間内に返済をすると利息が0円というとてもお得なサービスです。

 

キャッシングやカードローンに消費者金融を選ぶといいのはこのキャンペーンがあるからといっても過言ではありません。
ただし、無利息キャンペーンは「無利息の期間がいつから始まるか」という部分に注意しなければいけません。
これは消費者金融によって違ってきますので申し込もうと思うキャッシングの無利息キャンペーンがいつから始まるかはしっかり確認しておく必要があります。

 

 

無利息期間

スタート日

回数

プロミス

30日間

初回借入日の翌日

初回のみ

アコム

30日間

契約日の翌日から

初回のみ

ノーローン

7日間

借入日の翌日から

何度でも

レイク

30日間

契約日の翌日から

初回のみ

 

カードローンの本審査に通りやすいところは?

カードローンやキャッシングを色々と比較した結果、自分が借りたい額の金利が低金利でいいところを見つけたとしても、そこの本審査に通らなければ、少しずつ条件を妥協していくことになってしまいますよね。

 

カードローンやキャッシングを選ぶときには低金利であることやサービス、そして返済計画にマッチしているかどうかといのは非常に重要な点ではありますが、「本審査に通りやすいかどうか」というのも選ぶ時の大きなポイントになります。

 

消費者金融は、ほとんどの場合「安定した職業に就いていて、他社での借り入れが収入の3分の1以下」であれば審査に通ると思っていいと思います。
消費者金融の本審査にひっかかる人は、ほとんどこの2点で引っかかっていると思っても過言ではないでしょう。

 

本審査というのは、基本的には信用情報を見ながら審査をしていくことになるので、審査内容というのは同じです。
ただし、それぞれのキャッシングやカードローンの会社によって、どの程度なら「貸してもいい」という判断を下すかは違います。

 

銀行や信販会社は、キャッシング以外の用途に使用することが多いですよね。
なので、どうしても審査は厳しくなりますが、借りられる金額も大きくなるのが特徴です。

 

消費者金融は、今お金に困っている人のためのキャッシングを前提としている面が強いので、借りられる金額が低い変わりに、審査も通りやすくなります。

 

つまり、借りる金額によって審査の基準は変わるということですね。

 

カードローンの本審査でうっかりやってしまいがちなこと

カードローンの本審査に通るために、意外と気がついていない注意すべき点がいくつかありますのでご紹介します。
消費者金融の本審査で重要なポイントは、「この人なら返済できるだろう」と思ってもらうこと。
その上で、うっかり失敗しないためのポイントをご紹介します。


ウソをいわないこと

どうしても審査に通過したいために、借り入れ状況を低めに言ってしまったり、勤続年数や勤務先をウソをいってしまったり。ウソをついても調べればわかることなので、イメージが悪くならないようにきちんと本当のことを言うようにしましょう。

 

一度の申し込みは3件まで

即日融資をしたいがために、もしここがだめだったら他社で・・・と思って一気に何件もの消費者金融に申し込みをするのは、実はマイナスイメージになるんです。
「申し込みブラック」という扱いになると、仮審査にも通らなくなってしまうことがあるので一度の申し込みは3件までにしましょう。

 

この2点、実はうっかりやってしまう人が多いんです。
特に消費者金融が他社の借り入れ状況を聞いてくるというのは、あなた自身の信用について審査しているということに注意してください。

 

他社の借り入れ状況は、わざわざあなたに聞かなくても実際は調べればすべてわかること。
それでも確認してくるのは、あなたがきちんと返済できる人かどうかを見ているということを忘れないでくださいね。

 

一番いいところ見つけたけど・・・本審査に通らない理由は?

せっかく見つけて申し込んだけど審査に通らなかった・・・。
カードローン・キャッシングの審査に通らない理由はいくつかあります。

  • 年収の3分の1以上の借入れがある
  • 4社以上の借入れがある
  • 申し込んだ金額が高すぎる
  • 過去に返済に遅れたり滞納している経験がある
  • カードローンやキャッシングを一度も利用したことがない
  • 勤務年数が短い
  • 申し込みをしすぎている

ほとんどの場合、借入れ金額がある場合だと思いますが、この項目が半分以上該当してしまっている場合も審査に通らない可能性があります。

 

たとえば、カードローンやキャッシングを一度も利用したことがなく、勤務年数が3ヶ月程度で申し込み金額が100万円、などという場合は本審査の通過が難しいかもしれません。

 

また、意外と見落としがちなのは複数社に1ヶ月以内に申し込んでいる場合。
お金が必要であわてて何社も申し込んでしまうと申し込みブラックになってしまう可能性がありますので、3社程度にとどめておきましょう。

 

審査に通過するためには?

では、審査に通らなかった人が審査に通るようにするためにはどうすればいいのか?
通らなかった経験がある人のためのリストです。

  • 今の借入れを減らして3分の1以下にする
  • 利用したい金額を下げる
  • 返済の実績を作る
  • 作りやすいカードなどで返済の実績を作る
  • 1年ほど待ってみる

すぐにお金が必要な人にはつらいかもしれませんが、ひとまず上記の項目に注意して、半年〜1年待ってみることです。
ここであせってしまうと、申し込みブラックになってしまうので慌てて申し込まないように気をつけてくださいね。

 

スーパーホワイト(一度も返済した経験がない)人は、たとえばデパートの分割払いを利用したり、作りやすいカードを低い金額で作っておいて返済実績を作る必要があります。

 

デパートやコンビニのクレジットカードは比較的作りやすいものもありますので、そちらを利用してみるのもいいですね。

 

即日融資のキャッシングができなかった理由で一番多いのは「書類の不備」


即日キャッシングするためのポイント
平日に契約する(月〜木がオススメ)
・書類をしっかりと揃えておく(特に免許証の住所変更等
・公式サイトで事前に審査チェックをしておく

 

他社での借り入れがなく、初めてのキャッシングであればほとんどの場合審査には通過できると思います。
アルバイトでも派遣社員でも問題ありません。

 

即日キャッシングできなかった人の理由で一番多いのは「書類の不備」
特に住所変更をしていない方は要注意です。
免許証を新しい住所に変更するか、または現住所のわかるもの(公共料金の支払い明細があれば大丈夫です)を持参するようにしましょう。

 

カードローン・キャッシングの在籍確認について

本審査のときに行われる、在籍確認。
在籍確認まで行けば、確認さえ取れれば本審査に通過したと思っていいと思います。

 

以前、消費者金融で即日融資をするために無人契約機に行ったことがあります。
本審査可能時間が21時までだったので、19時頃契約に行ったので間に合うだろうと思っていたのですが、全員退社してしまった後だったため在籍確認が取れず、翌日になってしまったことがありました。

 

正社員として会社に勤めていればほとんどの場合、その日に在籍確認を取ることは難しいですよね。
確実に即日融資を受けるためには、在籍確認ができる時間に契約に向かわなければいけないことも考慮しておいてください。
本審査の際の在籍確認では、本人がいなくても問題ありません。
誰かが電話に出て、「本日はお休みです」といってもらえるだけでもOKなんです。

 

では、どういった場合が「在籍確認できず」という判断になってしまうのでしょうか。

  • 電話に誰もでない
  • 会社の電話が転送設定されている
  • 「どのようなご用件ですか?」と返答される

 

これはどれも、あなたが在籍しているのにもかかわらず、在籍確認が取れないと判断される場合の例です。

 

特に、最近では個人情報の件もあり、本人が休んでいる場合に誰だかわからない人から電話がかかってきても教えてくれない場合もあります。
「休みです」といってしまうと、在籍しているとわかってしまうからなんですね。

 

また、外回りの多い小規模の会社の場合は会社の電話が転送されている場合もあります。
そういう場合は在籍確認不可となってしまいます。

 

かといって、「消費者金融から在籍確認の電話があるので」と会社に言うわけにも行きません。

 

最近では、在籍確認については消費者金融に相談するとそれなりの配慮をしてもらえる場合もあります。
社内勤務のみで、あなた宛の電話は絶対にかかってこないような職場では、電話がかかってくるだけで鋭い人なら察知します。
その旨を消費者金融に伝えて相談することで、他の方法で在籍確認をとってもらえる場合もありますので、正直に相談してみるのが一番手っ取り早い方法かもしれませんね。

 

即日融資のキャッシング 夜契約する場合、在籍確認はどうなる?

では、夜間に契約をして即日融資を受けたい場合、在籍確認はどうなるのでしょう?
夜間の契約の場合は、会社が終わってしまっていて在籍確認ができない場合が多々あります。
即日融資のキャッシングなのに、夜間に在籍確認から明日以降、となると意味がないですよね。

 

夜間の即日融資の審査は、提出書類のみで終了する場合があります。

  • 給料明細書
  • 社員証
  • 源泉徴収票

あなたの融資希望金額や、現在の借入れ状況によっては、このような書類の確認のみで在籍していると判断してもらえる場合もあります。
会社が終わっている時間帯や、土日祝など会社が休みの日などに即日融資を希望する場合は、社員証を持っていくことで即日融資が可能になることがあるので忘れないようにしましょう。

 

ただし、現在のあなたの他社からの借入れ状況や、借りたい金額によっては、どうしても在籍確認が必要になる場合もあります。
その場合は、残念ながら翌日以降に在籍確認が完了した後の契約になるので即日融資は難しいです。
土日祝をはさむ場合は月曜になってしまうので、そういったことも考慮して契約はなるべく平日を選ぶのがいいでしょう。

 

カードローン・キャッシング 一番いい返済方法は?

キャッシング・カードローンの返済方法は色々あります。

  • 店舗のATMで入金
  • 銀行ATMから入金
  • コンビニATMから入金
  • ネットバンクで入金
  • 引き落とし
  • 振込み

 

店舗や銀行、コンビニATMからの入金が一般的ですが、実は店舗ATM以外のATMから入金すると手数料を取られるって知ってましたか?

 

店舗まで行くのがつい面倒で、手近なATMで返済してしまいがちなんですが、これ長くなればなるほどすごく馬鹿らしいですよね。返済しているのに手数料を取られる・・・しかもそれは元金から引かれる・・・なんだか返済が長くなってくると、すごくいやな気分になってしまうんです。

 

各消費者金融によってお得な返済方法は色々あります。
銀行系の場合は、その銀行であれば手数料が無料だったりします。

 

そんな中て一番いい返済方法だと思うのは口座引き落とし
口座引き落としの場合、ほとんどの消費者金融は手数料は無料です。

 

それ以外では、ネットバンクからの返済も手数料が全て無料の場合もあります。

 

店舗ATMが一番確実ですが、店舗が近くになかったり、店舗が人通りの多い場所で誰かに見られるのは嫌だなと思っている人も多いと思います。

 

ネットバンクなら、スマホからも返済できますし、手数料も無料。
メール通知などのサービスを使えば簡単に忘れることなく返済できるのでとても便利です。

 

消費者金融とクレジットカードのキャッシング、どちらが簡単に利用できる?

即日融資をするために一番早いのは消費者金融でのキャッシング・カードローンなのですが、もしあなたがクレジットカードを持っていた場合、どちらのキャッシングがいいか悩むところですよね。

 

おそらく、多くの人がクレジットカードについているキャッシング機能を使ってお金を下ろそうとするでしょう。

 

それは、やはり「消費者金融でお金を借りる」というイメージの問題かもしれません。

 

しかし、冷静になって金利を見てみると、実はクレジットカードの金利は消費者金融の金利と同じ、またはそれ以上に高い金利の場合が多いんです。

 

また、もう一点大きなデメリットは、クレジットカードのキャッシングの場合、早く返済しても1か月分の金利がかかってしまうんです。

 

消費者金融は多くの場合、1日1日金利の計算をしています。
10日で返せば10日分の金利しかかかりません。

 

しかし、クレジットカードのキャッシングの場合は、3日で返済したとしても1ヶ月分の金利を取られてしまいます。
これはすごく損ですよね。

 

もし、今あなたのクレジットカードにキャッシング機能がついていない場合、そのカードにキャッシング機能をつけるにはおそらく1〜2週間はかかるでしょう。
消費者金融なら、即日融資も可能なので、冷静に考えると消費者金融の方がお得に借りられるんですね。

 

最近では、CMや銀行系という名前がついている消費者金融は昔よりもイメージはよくなりました。
しかし、まだまだやはり消費者金融のイメージはあまりいいものではありませんが、一番いいキャッシングを選ぶときに、選択肢の中に入れて検討してみると、その便利さがよくわかると思います。

 

消費者金融は怖い?

一般的に消費者金融でお金を借りるのは怖い、というイメージがあると思います。
執拗な取立てなどにあうんじゃないか、不当な金利を取られるのではないか、など消費者金融にはあまりいいイメージがもてない方が多いのではないかと思います。

 

では、どうやってそのような消費者金融を見分ければいいかというと、それはとても簡単。
テレビやCMなどで一度でも名前を聞いたことがある消費者金融を選ぶことです。
大手消費者金融は、○○銀行系などの名称がついています。そのような消費者金融は、法律に基づいて貸金業を行っていますので、安心してお金を借りることができます。

 

消費者金融は何かといいイメージがもてないかと思いますが、実際に使ってみると非常に便利です。
上手に使えば、あなたの毎日の生活の強い味方になってくれると思います。


 

即日融資でキャッシングできるのはほとんど消費者金融

銀行にもありますが、やはりほとんどの即日融資は消費者金融。
消費者金融のイメージが悪いと思っている人にとっては、ショッキングな内容ですね。

 

でも、そのイメージを払拭できるだけのメリットが即日融資のキャッシングにはあるんです。

とにかく早い。その日に契約、その日に借りられるのでピンチを回避できる
借りられる金額が低いので、返済計画が立てやすい。
・すぐに返せるので、金利が安く済む
・キャッシングはATM以外にもネットバンクに対応しているので夜間でもキャッシング可能
金利が1日ごとなので早く返せばそれだけ安い金利ですむ

即日融資ができるだけでもかなりのメリットなんですが、それ以外にもこれだけ多くのメリットがあるんです。
クレジットカードのキャッシングの場合、いくら借りても利息は1ヶ月分取られてしまいます。
というのは、毎月の返済日が決まっていて、早めに返済するということができないからなんですね。

 

消費者金融のキャッシングやカードローンは日割りで利息を計算します。
なので、早く返せば返すだけ利息は安くすむんです。

 

悪いイメージがどうしても先行してしまう消費者金融ですが、メリットを考えるとイメージよりも使い勝手とピンチを回避できる、生活に密着した強い味方であることがわかると思います。

 

即日融資は無職でもできるの?

無職の場合、即日融資というよりは、キャッシング・カードローンはほぼできません。
キャッシングやカードローンは、「一定の収入があること」が大前提ですので、無職の場合はほぼ不可能だと思ってください。
逆に、無職でも貸してくれるというキャッシングやカードローンは気をつけたほうがいいと思います。

 

無職でもなんとかお金を借りたい場合

無職は無理ですが、正社員じゃなくても収入さえあれば即日融資は可能です。

・アルバイト
・自営業
・派遣登録

上記のように、正社員フルタイムで働いていなくても大丈夫。
一定の収入があれば、キャッシングをすることができます。

 

低金利で即日融資なら銀行カードローン

銀行カードローンは基本的に即日融資が難しいと言われていますが、最近では即日融資に対応している銀行カードローンも少ないですが増えて来ています。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
  • 新生銀行カードローン レイク

この3つの銀行カードローンは、土日夜間休日でも対応できるよう、銀行のATMなどに自動審査ができる無人契約機を設置しています。契約の流れなどは消費者金融とほぼ同じですが、金利は銀行の低金利なので安心して契約できます。
銀行の低金利なのに即日融資にも対応しているのであれば、他のカードローンで借りるよりもずっといいですよね。

 

ただし、新生銀行カードローン レイクのように、中には消費者金融並の金利で設定されている銀行カードローンもありますので、金利は必ず上限金利でチェックしましょう。

 

銀行口座が必要なカードローンに要注意

即日融資可能!と書いてあるからということで、銀行カードローンに申し込んだら銀行口座がない場合は即日融資ができないと言われる場合があります。銀行カードローンの中には銀行口座が必要な場合が多いので、口座がない人は口座を作るところからスタートしなければならないことがあります。
最初に申し込みの流れを見た時に口座が必要かどうかの記載がありますので、口座が必要な場合はそれなりの時間がかかるということを理解しておくようにしましょう。
銀行カードローンの中でも銀行口座が不要なところももちろんありますので、急ぎの場合は口座不要でも即日融資の審査を行っているところで契約するようにしましょう。

 

即日融資で5万円は借りやすい?

即日融資でポイントになることの一つに、「借りたい金額」というのがあります。
例えば、100万円を即日融資で借りたいと申請するのと、5万円を即日融資で借りたいと申請するのとでは、審査の内容が違いますよね。同じように通過する可能性もあるかもしれませんし、100万円の場合は断られる可能性もあります。ただ、審査の時間としてはやはり100万円の方が長く貸す方も慎重になりますよね。

 

消費者金融の場合、50万円以下は収入証明が不要となっています。
50万円を超えた場合、収入証明が必要になります。
つまり、100万円の場合は収入証明で収入について調べる必要があり、5万円の場合は特に調べる必要は無いということになりますね。このように考えると、100万円を借りたいと申請するよりは、5万円の方が審査に通る可能性が高いといえるわけです。

 

カードローンの審査の内容は、我々には細かいことはわかりませんし、どのような方法で審査されているのかということもわかりません。ただ、即日融資で借りたいのであれば、できるだけハードルを下げた状態で審査に望むことも重要になります。

 

即日融資のキャッシング・カードローンの体験談

 

 

私がキャッシングを初めて契約したのは、職場の上司の急な出産祝いでした。
その月は結婚式の予定が3件入っていて、生活費を削ってその費用を捻出していたのですが、そこに上司の出産祝い。
会社のみんなでお金を出しあって出産祝いを購入することになっていたので、お金がないとはいいずらくどうしようかと思っていました。
金額は1万円。1万円くらいどうにかなりそうだと思ったのですが、親には生活費を借りていたのでこれ以上言い出せずどうしようかと迷っていたときに、即日融資のキャッシングを見つけました。

 

急ぎだったので色々と調べたのですが、「即日融資」というのがどうも信用できず、直接電話で確認してみたところ、今から契約してもらえば即日融資が可能ですとのことだったので、すぐに契約することにしました。

 

クレジットカードは持っていましたが、キャッシング機能はついていないので、キャッシングそのものは初めて。
CMでよく目にしていた消費者金融だったのでそれほど悪いイメージもなかったです。

 

土曜でしたが、午前中に契約をしてその日のうちにお金を借りることができました。
それからも、困ったときに時々使っています。
ちょっとしたお金が足りないときに、本当に便利で助かっています。


 

出張に行くことになり、交通費がなくて困っていました。
会社へは後払いで請求することになっているのですが、さすがに手持ちがないので・・・とは言えず。
急な出張で3日後に行くことになってしまったので、どうしようかと迷っていたときにテレビでカードローンのCMを目にして「これだ!」と思いインターネットで検索。

 

最初は銀行のキャッシングがいいかと思って調べていましたが、銀行だと3日後の出張に間に合いそうもなかったので、即日融資のキャッシングを選ぶことにしました。

 

インターネットだと24時間申し込みが可能とのことだったので、その日仕事が終わってすぐにインターネットから申し込むと、折り返し連絡がありました。
私は即日融資ができないとどうしても困る状況だったので、電話で直接即日融資が可能か確認したところ、今の時間ならインターネットで申し込んだ後、店舗まで出向くのが一番早いですよ、と教えてもらえたので、そのまま直接無人契約機へ。

 

インターネットで申し込んですぐだったので、移動時間も含めて1時間でキャッシングをすることができました。
しかも18時半にインターネットで申し込んだので最悪明日の朝か、と思っていたのですが、その日のうちにキャッシングができたので本当に助かりました。

 

即日融資のキャッシングのいいところは、無利息期間があったこと。
交通費はすぐに会社から貰えることになっていたので、そのお金をそのまま返済したら、利息を払うことなく借りた分だけの返済ですみました。
このサービスは初回しか使えませんでしたが、すごく便利で助かりました。

 

ひとつ気になったのは、お金が必要だったのはその時だけだったのですが、その後もキャッシングできるカードが手元に残ってしまったこと。お金が足りないときに時々使えるのですごく便利なのですが、ついつい使いすぎてしまわないか心配になるときもあります。

 

なので、私は借りた分を返すまで使わない、という風に決めて、本当に困ったときだけ利用しています。

 

そのとき借りただけで終わらないのがキャッシングなので、急にお金が必要になったとしてもその後もキャッシングのカードは残るんだということを覚えておいた方がいいかもしれません。


 

クレジットカードで買い物をしたときに、返済の回数を間違ってしまい、予定と違う請求が来てびっくり。
親に借りるのはどうしてもできなかったので、即日融資のキャッシングを利用することにしました。

 

即日融資の場合、やっぱり店舗とかに行かなきゃいけないのかと思っていたのですが、消費者金融の即日融資はインターネットで全て完了できると書いてあったのでそこに決めました。

 

消費者金融と聞いて少し躊躇しましたが、銀行の店舗に出向いてる時間もないですし、銀行の場合、通常のATMの隣の目立つ場所に契約機があったので、さすがにそれは恥ずかしいと思い消費者金融の即日融資を利用することに。

 

インターネットから自己診断というのをやってみてOKだったので、そのまま申し込むと折り返し電話がかかってきました。
「即日融資はできますか?」と聞いたところ大丈夫だったのでそのまま本審査へ。

 

問題なく審査も通ったみたいで、自分の口座に振込みでキャッシングをしました。

 

最初は半信半疑だったんですが、本当にその日のうちにキャッシングできたのでかなり驚きです。
しかも、書類などもスマホで撮影した画像を送ることでOKだったのですごく便利だなと思いました。

 

私は一人暮らしなので、カードは自宅に送ってもらいましたが、カードの受け取りをどうするかと聞かれたときに、郵送は困るということだったら店舗で受け取りもできると言っていたので、消費者金融でキャッシングをしていることをばれたくない、という気持ちをすごく理解してくれているんだなと関心しました。

 

今はお金に困ることがないので使っていませんが、いつでも借りられる、という安心感があります。


即日融資Q&A

今日申し込んで今日お金を借りることはできますか?

即日融資の場合、本審査の受付時間内に申し込みを行えば、30分〜1時間で契約をできるか返答をもらえます。
19時頃までに申し込みをすればほとんどの場合当日にお金を借りることができます。

アルバイトでもキャッシングはできますか?

アルバイトでも、一定の収入があれば可能です。
ただし、借りたい金額が高額の場合は収入証明などが必要な場合があります。

即日融資で夜間の場合、在籍確認はどうなりますか?

キャッシング会社によっては、在籍確認を書類のみで済ませてくれるところもあります。
夜間の場合は、社員証や給与明細などを持っていくことをオススメします。
借りたい金額によっては在籍確認ができてからとなり翌日以降になる場合もあります。
また、借りたい金額を減額して契約して貰える場合もあります。

即日融資に必要な書類はどういったものですか?

・本人確認書類(免許証・パスポート)
・収入証明書類
(源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)など)

保証人や担保などは必要ですか?

即日融資が可能なキャッシング・カードローンはほとんどが保証人や担保は不要で借りることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金が突然必要になりカードローン 金利を利用したいと思っても自分は債務整理中だから借金はできないと諦めている方は多いのではと思いますが、諦めるのはまだ早いようです。詳細に調べると債務整理中であったとしても金融機関の中にはお金を貸してくれるところも存在します。諦めないで探してみると良いのではないかと思います。キャッシングは金融機関より少しの融資を受けることをさします。ふつうは、お金を借りようとすると保証人や担保が必要です。けれども、カードローン 借り換えの際は保証人や担保の用意が必要ないのです。本人確認の書類があれば、融資を基本的に受けることができます。カードローン 金利とカードローンは、違いがないものだと思われるかもしれませんが、違います。返済の際に違いがあり、カードローン 金利はほとんどの場合が一括払いで、カードローンでは、一般的に分割払いとなります。ですので、少しだけお金を工面しなければならないという場合には、カードローンよりも、キャッシングの方が良いかもしれません。消費者金融はけっこう身近なものとなりましたが、その本質に変わりありません。カードローン 銀行先が行う審査でダメだったという人でも審査をもう一度して貰えるなどの仕組みがあることがあります。このシステムを利用すれば一度審査に通れなくても再び審査して貰えて借入のチャンスが増加するので、喜ぶ人も多いみたいですね。世間的にはキャッシングというのはクレジットカード会社や消費者金融、銀行などから融資を行ってもらうことです。無担保ですし、返済の方法も様々あり融通が利くため、使用している人は増加してきています。理由は何であろうと貸してくれますので、お金が急に必要になってしまった時には使えるでしょう。カードローン 金利とカードローンは似た感じでATMで借入れができるので異なる部分が分かり難いですが、返済方法が違うのです。